企業年金・従業員退職金制度設計

これから日本は人類史上初の大規模な人口減少を迎えます。


日本では、現在約9割の企業が退職する従業員たのための「退職一時金」や「企業年金」といった「退職給付制度」を設けていますが、それらを巡る情勢は、近年大きく変化しています。「退職一時金」については、期末要支給額の一定割合を退職給与引当金として損金処理することが認められてきましたが、その割合は段階的に引き下げられ、平成14年の法人税改正では、ついに退職給与引当金処理が廃止されました。

「企業年金」を巡っては、株価低迷や低金利がもたらした年金資産の積立不足が大きく膨らみ、多くの企業が埋め合わせのための追加拠出を余儀なくされています。また、中小企業が多く採用している「適格退職年金」は、平成14年4月から10年以内に廃止されることになり、他の制度への移行や退職年金制度の再設計が緊急課題となっています。

企業年金・退職金制度の見直しにあたっては、確定給付企業年金や確定拠出年金(日本版401k)といった新たな制度も選択肢となり、「どの制度が自社にとって最適なのか?」、というのは非常に難しい問題ではないでしょうか。

インターテックでは、この難しい問題を解決に導くために、皆様のお役に立てる情報や、制度移行のコンサルティングを提供します。


 

 


または、お電話で!



SERVICE

トータルサポート

それぞれの中小企業独自の風土・文化を作り、
業績の向上をお約束します。
さらに保険・金融商品を上手く活用し

会社の資産をお守りします。

組織開発・資金の活用を
トータルにサポートいたします。


保険・金融商品コンサルティング

大胆かつ綿密な3つのコンサルティングで
皆様の豊かな未来の実現を力強く支援致します。

Risk Management

将来発生するリスクを予測し、今何をすべきかを予測します。

Asset Management

企業の資産をフルに生かし、
将来の可能性を力強く拡大します

Business Management

高信頼組織実現の
組織開発サポートをします。

中小企業の経営を根本から考えるブログ

シェアする
株式会社インターテック