「対話」を意識すると、自身への理解を深められる

対話
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

【対話】には、組織力を高めたり、相手の行動に変化を起こしたりと、さまざまな効果があることをお伝えしてきました。

「対話」を社内で成功させるために留意すべき「雰囲気」と「話の中身」
「対話」は組織力の構築につながる、重要なスキルです。 今回は、「対話」と似て非なる「雑談」や「議論」について、「対話」と比較しながら考えてみましょう。 まずは、「対話」と「雑談」を比較してみましょう。 ※水戸黄...

今回は、【対話】をすることによって得られる、【対話】の付加価値について見ていきましょう。

 

人は、【対話】を通して、物事の「意味づけ」を行なっています。

相手の背後にある価値観や世界観、相手が置かれた文脈を共有していくことで、相手のことが本当に理解できるようになるということです。

 

ただし、【対話】によって理解が深まるのは他者のことだけではありません。他者への理解を深めるのと同時に、自分自身についての理解も深めることができるのです。

【対話】の与える効果とは、【対話】の中で自己の理解を語り他者の理解と対比することで、自分自身の考え方や立場を振り返ることができる点です。

 

【対話】は自己内省の機会にもなります。人々は【対話】を通じて他者を理解するのと同時に、自己理解を進めているのです。

 

【対話】には、「他者を理解することで、自己理解が深まる」ことと、「自己を理解することで他者理解が深まる」ことの相乗効果があります。

 

「他者理解と自己理解の相乗効果」の起点となるのは、「お互いの差異を認識し、それを理解につなげる」というポイントです。

 

これには「安心感」の担保が不可欠です。自分はこのことを水戸黄門経営実践会で身をもって強く実感しています。

 

参考文献 ダイアローグ 対話する組織(P109?114抜粋)

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
対話
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました