経営者の感覚が職場での「対話」の浸透力を決める

対話
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

前回までお伝えしてきた「対話」について、もう一度整理して違う側面からお話ししたいと思います。

組織力を高める「対話」の具体的な4つの進め方
今日は、組織力が構築される「対話」の進め方について考えていきたいと思います。 「対話」を進める観点として、まず「相手」と「自分」を立てなおすことをイメージしてください。 自分がいま行っている経営者や社員の方との個別セッション...

対話は、「建前」「本音」「本心」「本気」という流れであるとお伝えしました。

 

ポイントは<本音>と<本心>のとの付き合い方です。ここで相手のネガティブな発言に、経営者・上司が付き合えるか?それがポイントになります。

 

相手の不安・不満に対しての耐性が低くなってしまうのは、業況・状況の悪い時は経営者・上司も不安を抱えているためです。そのため何とか自分を鼓舞して支えていることが多くなります。

 

「俺だってそう思うけど、それを何とかしようとしているじゃないか!」
経営者・上司の持つこの感覚が、職場での「対話」がうまく進まない原因の一つであると自分は捉えています。

 

「自分も懸命に消化しようとしている」ということと、「部下の懸命さを理解すること」との距離感をものにしてほしいのです。

 

「対話」は魔法の杖ではありません。「号令・命令」のスピード感や「発信すること」の高揚感もありません。

 

しかし、真暗な状況からスタートして、光が差すような場の変化というものを起こすことはできます。

 

何度も繰りかえす大変さ・ネガティブに付き合うことの労力・・・それらを差し引いても十分な成果が、「対話」というコミュニケーションにはあります

 

参考文献 自分を立て直す対話(加藤雅則著 P26?30抜粋)

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
対話
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました