ビジネスにおいて、光が差すような場の変化を起こす「対話」

対話
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

今回は、これまで多角的に述べてきた【対話】についてまとめましょう。

正しい方向へ舵取りをするために「対話」の力を借りよう
職場では自分自身の思い込みにより、長い目で見るとつい誤った方向へ進んでしまうことがあります。 今回は、問題解決における問題設定の大切さと【対話】について考えていきます。 組織学習研究家のドナルド・ショーンは、「不...

対話は、「建前」「本音」「本心」「本気」という4つの流れになることが多い、という点をもう一度整理してみましょう。

 

重要なポイントは、「本音」と「本心」との付き合い方です。

相手からネガティブな発言があった場合に、経営者・上司が付き合うことが出来るのか。それがポイントになります。

 

業況・状況の悪い時は、経営者・上司も不安であり、何とか自分を鼓舞して支えていることが多くなります。そのため、相手の不安・不満に対しての耐性が低くなっています。

 

「俺だってそう思うけど、それを何とかしようとしているんだ!」

 

経営者・上司のこの感覚が、職場での「対話」がうまく進まない原因の一つと自分は捉えています。

 

「自分も懸命に消化しようとしている」ということと、「部下の懸命さを理解する」ということとの距離感を自分のものにしていただきたいのです。

 

「対話」は魔法の杖ではありません。

 

「号令・命令」のスピード感や、「発信すること」の高揚感もありません。

 

しかし、真っ暗な状況からスタートして、光が差すような場の変化というものが起こせます

何度も繰りかえす大変さ・ネガティブに付き合うことの労力・・・それを差し引いても十分な成果が「対話」というコミュニケーションにはあります。

 

【対話】このコミュニケーション活動のポイントは、導管メタファーという単なる「情報の移動」ではなく、「聞き手の共感」や「行動・考え方の変化を引き出す」活動となっているかどうかです。

 

すなわち、情報の移動に注目する導管メタファーとの大きな違いは「人の変化への注目」、つまり「コミュニケーションを通じて、参加者自身が変化していくプロセスを捉えようとする「視点」なのです

 

業務活動において、ともすれば「導管メタファー」に流れがちなコミュニケーションに、是非「対話」を加えてビジネスコミュニケーションの構築を進めていきましょう!

 

参考文献 ダイアローグ 対話する組織

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
対話
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました