正しい方向へ舵取りをするために「対話」の力を借りよう

対話
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

職場では自分自身の思い込みにより、長い目で見るとつい誤った方向へ進んでしまうことがあります。

「対話」を意識すると、自身への理解を深められる
【対話】には、組織力を高めたり、相手の行動に変化を起こしたりと、さまざまな効果があることをお伝えしてきました。 今回は、【対話】をすることによって得られる、【対話】の付加価値について見ていきましょう。 人は、【対...

今回は、問題解決における問題設定の大切さと【対話】について考えていきます。

 

組織学習研究家のドナルド・ショーンは、「不確実で不安定で矛盾に満ちた状況では「問題が何か?」という事自体が混とんとしている。その時ビギナーは問題を適切に意味づけることができないから問題が解決しないが、エキスパートは現場の状況を瞬時に把握し、問題を適切に設定することができる。つまり解決すべき問題の即興的な意味づけに秀でているのが問題の解決のエキスパートである。」と論じています。

 

そのようなエキスパートを、彼は「省察的実践者」と呼んでいます。このような「省察的実践者」は、混とんとした現場に身を置き、次々に起こるトラブルとの格闘を続けていると、思考がその場しのぎになりがちということです。

 

すなわち、それぞれの局面で適切に問題が設定され解決していったとしても、長期的には間違った方向に舵が切られることがあります。確かに目の前の状況対応に追われていると、知らず知らずのうちに誤った方向に進んでしまうものです。

 

つまりハイパフォーマーほど「突貫工事のエキスパート」に簡単になってしまうのです。

 

現場の状況を瞬時に把握し、問題を適切に設定することができるエキスパートだからこそ、「その場限りの突貫工事」を防ぐために、自分自身の行動・考え方・経験を批判的に振り返ることが必要になります。

 

そのためには他者との【対話】を通して、自分自身の振り返りを行うことが必須なのです。

 

物事を適切に理解するために、思い込みで誤った方向へ進んでしまわないためにも、【対話】の価値である「他者の視点」を取り入れるようにしましょう。

 

参考文献 ダイアローグ 対話する組織(P129?133抜粋)

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
対話
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました