部下との「対話」を行うために、まずは心の武装解除を解こう

対話
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

上司から部下への「弱さの開示」ができる組織の重要性をお伝えしました。

前向きな対話への第一歩は、部下への「弱さ」の自己開示
対話を進める上で重要なのは、経営者・上司の方の自己開示であるとお伝えしました。 今回は、自己開示をする上で必要になる観点について考えていきましょう。 一つ目は、自分の「弱さ」の開示です。 過去に出来なかったこと...

今回は、なぜ組織において、「弱さの自己開示」が必要なのかを考えていきましょう。【対話】を行うためには、「弱さの開示」は必ず必要なものです。
【対話】するためには相手の警戒心をとき、心の武装解除をする必要があるからです。そしてそれはとても難しいものだからです。

 

人は「自分が正しい」と思いながら生きています。
より正確に言うと、「自分は正しい」と普段は意識していなくても、「君は正しくない」と人から批判されるや否や「自分は正しい!」と反発する感情が湧いてきます。

 

「自分は正しい!」というわたしたちの信念は強固であり、その信念は本能的なものです。理屈ではなく感情で「自分は正しい!」と信じているのです。
そこで「君は間違っている」と指摘されると、自尊心が危機にさらされます。そして自尊心を保とうとする本能から、自分の正しさに理屈をつけて主張しようとします。

 

人は「論理的に正しく考えて行動する人間」と捉える、論理的人間観は現実には当てはまりません。

 

人間は感情に左右される生き物です。そして人間の感情の動きは不合理です。

 

確かに、私自身もいかにミスや間違いを起こしても、そしてそれを自覚していても、それを人から指摘された瞬間は不愉快でした。

 

「弱さの開示なんて部下からなめられる」
これは全くの杞憂です。

 

部下に安心を与えるのが上司の仕事であるならば、まずはこの「弱さ」の開示を第一歩にしましょう。

 

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
対話
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました