新入社員教育の内容以前に意識しておきたい事【ワークも紹介】

社員教育
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

2020年はコロナの影響もあり、働き方が大きく変わろうとしています。

また、事業縮小の声も様々なところで聞こえるようになり、若い世代の方々は「転職」「独立」を視野に入れて行動を始めているように感じます。

 

ある会社の社長からこんな相談を受けました。

これから様々な業種で人の移動が考えられます。新卒・中途採用に関係なく、今の時代にあった新入社員教育を考えないといけない時期に来ていると思います。新入社員教育で絶対に外せないというポイントはなんでしょうか。
 

業種によって大切にしないといけないポイントは様々です。

ですから、絶対に外せないポイントを挙げることは難しいですが、新入社員(新卒・中途採用に関わらず)を教育するのであれば、ある程度範囲を絞ることができます。

ここでは、一般的な社員研修で言われることは省きます。

 

私の場合、次の2点はどの業種でも大切にするようにお伝えしています。

パッとみた感じ、ビジネス的ではありませんが、この2点をクリアすると100%会社は成長し、結果も数字になって現れてきます

  • 社長自身がだれよりも素直に学ぶ姿勢をみせる
  • 小さな変化・成長を思い切り喜びあえる環境をつくる
詳しく説明します。
 

新入社員教育のスタートで重要なのは内容よりも人が作る環境

あなたも「環境が人を作る」と言葉を聞いたことがあるはずです。

そんなこと分かっている!と言われそうですが、環境と言えば、

  • PCをいいものに切り替える
  • 高スペックなコピー機にする

にするなどのハード面をイメージする方が多いのが現状です。

 

ハード面も重要ですが、ここで言う環境というのは、人が作る雰囲気のことです。

私たちが苦労なく日本語が話せるのは日本語の環境にいるから

 

これをビジネスに置き換えるとこういうイメージになります。

お客様のことを考えて行動できるのは、
周りがお客様のことを考えることに力を入れているから

こんなイメージです。

サッカーチームのメンバー全員が必死で頑張っている中で、ダラダラとしたプレーはしにくいのと同じようなものです。

 

ここでは、とにかく環境を上手に作りあげると、利益もしっかりと伸び・持続性も高いということだけ認識しておいてください。

これまで、様々な会社に関わってきましたが、実際に人が作る社内の環境作りに、力を入れても大して経費もかからないためにコスパがいいと実感しています。

 

社長自身が社員のだれよりも素直に学ぶ姿勢をみせる

社長自身が社員のだれよりも素直に学ぶ姿勢をみせるというのも当然と言えば当然のことです。

特に大切なのは「素直に」という部分です。

新入社員というのは、会社のことが全く分からず不安です。

「質問があればどうぞ」と言われたところで、何を質問していいのかも分かりません。

そんな中で、社長、または上司が分からないことを部下に対して質問したり、小さな発見を素直に喜んだりしていると、新入社員の安心感にもつながります。

時々、そんなことをしていたら上司としての威厳がなくなる

と言われる方もいますが、威厳は偉そうな態度から生まれるものではありません

  • こんなことを質問しても大丈夫なんだ
  • そんなことでも喜びになるんだ

新入社員がそう感じるのが第一歩となります。

 

小さな変化・成長を思い切り喜びあえる環境をつくる

なんでも継続が大事と言われますが、次の2つで成果は大きく異なります。

  • 業務だからやりなさいと言われてする仕事
  • これをやってみたらどうだろう?と考えながらする仕事

もちろん、後者の方が圧倒的に会社にとってプラスになります。

 

ただ、後者だと結果が出るのにどうして時間がかかってしまいます

場合によっては、結果が出るのに時間がかかりすぎて継続できないという状態にもなりかねません。

ところが、人は結果がある程度見えると頑張れるものです。

 

新入社員に限らず誰もが頑張れる事例

分かりやすいように極端な例を挙げてみます。

あなたの会社はインターネット上の発信を頑張ることに決めました。ブログやSNSの発信方法を決めて、積極的に発信を1ヶ月して見たけれども問い合わせは1件もなし。

このまま経費を割いて継続していいのか?誰もが不安になります。

ところが、

積極的に発信を1ヶ月してみたところ問い合わせが20件も入った

となると、よし!来月はもっと積極的に発信しよう!という気持ちになるはずです。

つまり、

作業そのものが嫌というより結果によって感情が左右される

ということです。

そんなことは分かっているけれども、まず結果が出ないんだ!という声もあるのが現状です。

ところが、果が出なくも結果はあたり一面に転がっています

私が様々な会社で実践して、成果が出ている方法を紹介します。

 

こちらの会社は実際にインターネットの発信をサポートをさせていただき、予定通り採用が上手くいった会社のインタビューです。

1ヶ月何の変化もない会社は存在しない

名古屋を中心に様々な中小企業の経営の相談にのってきましたが、1ヶ月間、何も変化のない会社を見たことがありません。

必ず成長している要素というのがあります。

先ほどの例で言うと

  • ホームページにアクセスしている人数が増えた
  • SNSの発信にコメントをしてくれる人が増えた
 

これだけもかなり大きな成果として捉えて、社長をはじめ上司が喜ぶことが大切なのです。

この姿を見て、新入社員は、こういう小さいことでも頑張ればいいんだ!ということを肌で感じることができるのです。

経営がなかなかうまくいかないという会社の場合、

Aさんは今月の売り上げ目標達成! Bさんはあと15%目標に届かなかった…何が問題なのか改善策を考えなさい!という形になってしまっています。

この違い、なんとなく感じることができるでしょうか。

 

最後に、この様な会社の雰囲気を作るのに適したワークを紹介します。

 

新入社員教育・研修時に活用できるワーク【超具体的】

新入社員教育研修を行う場合、新入社員は

  • 不安でいっぱい
  • 相当緊張している

ということを忘れてはいけません。

それぞれの事業で、大切なことを伝えるにしても、まずは人間関係を作ってから伝えた方が圧倒的に効率的です。

人間関係がさっとできるワークを2つ紹介します。

 

テーマを決めて雑談をする(ただし条件あり)

例えば、「100万円いますぐに手に入ったら何をするか」というテーマを決めて、ペアまたはグループで雑談をします。

もちろん、この時に、社長・上司にあたる人もグループの中に入ります。

この時に、1つ目のテーマの時は思い切り不自然なくらい相槌を打つようにします。

「なるほど」「私も一緒!」などの声を挙げてもOKということにします。

たったこれだけでも、雑談は決められた時間に終わることはなくなります。

 

次に、別のテーマを決めて、相槌を一切禁止にして雑談を行います。

結果はどうなるか…。もう十分に想像できるはずです。

そして、2つのテーマの雑談が終わった後に、感想をグループごとに出し合います。

たったこれだけのことですが、ここから多くのことを学ぶことができます。

詳しくは、また別の記事で解説したいと思います。

 

クイズ番組の様な問題をグループで解く

人は問題を出されると、ついつい答えを探そうとする習性があります。

クイズ番組も盛り上がるのは、この習性をうまく活用しているためです。

大人気ないと感じるかもしれませんが、いざやってみると案外盛り上がるものです。

例えば、

頭の良い小学生が解いているパズル問題、あなたには解ける?

の様な問題でもかなり盛り上がり、人間関係が作りやすくなるきっかけになります。

 

まとめ

新入社員教育を行う前に大切にしておきたい点を書きました。

ただ、ここで書いたことは、新入社員教育の場に限らず、日常的に意識することで会社は確実に大きな変化をしていきます。

今月の利益・支払いが気になることは、私も痛いほど分かりますが、目先ばかりに注力していると、掴めるはずの大きなチャンスを逃してしまうことになります。

会社も人の集まりでできている

だから、人にフォーカスをしながら、組織を見直すことが大切にして欲しいと思います。

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
社員教育
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました