【OJT】新入社員が抱える主な課題と解決の具体例

社員教育
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

私は、名古屋を中心に岐阜県、三重県などの様々な中小企業の社員教育・組織作りに関わっています。

コロナの影響もあり、中小企業は厳しい状態だという話を耳にしますが、幸い私が関わっている会社は、大きな問題を抱えることはありません。

むしろ、厳しい時代だからこそ、団結が強くなった様な気がするという声もいただきました。

とは、言うもののそれぞれの会社を振り返ってみても、最初から順調だったとは限りません。

特に、新入社員教育については、当初、次の様な悩みがあると言われていました。

  • 言われたことはこなすことができるが、自分からそれ以上のことをしない。
  • 成長する意欲をなかなか感じられない。
  • 自分の意見にこだわり、周りや上司の意見を聞かない。

要するに、

自己中心的なところがありながら主体性が不足している

という、少し矛盾したような点がある新入社員をどう教育していけばいいのか?というところで悩まれていることが多かったのです。

この様な点の解決は、次のような方法で解決していきました。

結 論

  • 本音で話し合える環境を意図的に日頃から作っておく。
  • 問題が起きた時に、何が原因なのか自分の言葉で話す機会を作る。
  • プラスの結果は結果も踏まえて評価するが、マイナスの結果となった場合は、人の行動部分を重点的に評価する。

私の体験と論文「育て上手のマネジャーの指導方法」を参考にしながら、解説していきます。

 

自分の考えに基づき問題を解決していく発想が大切

例えば、

社員
社員

すみません。
Aさんに納品する商品、数を間違えて発送してしまいました。

社長
社長

何度、間違えるんだ!

数を間違えないように、今度から大きな声で数えなさい

と、なるとどうでしょうか。

数を間違えたのは悪いけれど、大きな声で数えるって子どもみたいじゃないか!なんであの社長は、自分で確かめるって言葉を言わないんだ!

という感情をもつかもしれません。

社長は、同じミスをしない工夫の一つとして言ったにも関わらず、社員にしたら、やらされているという認識なのです。

これでは、今後も良い仕事はできないことは明らかです。

 

ところが、

社員
社員

すみません。
Aさんに納品する商品、数を間違えて発送してしまいました。

社長
社長

じゃあ、何度か似た様なミスがあるなぁ。

このミスをなくすには何をしたらいいと思う?

できそうな工夫をいくつか挙げてみて。

社員
社員

納品前に大きな声を出して数えるようにします。

車掌さんもそんなことをして事故を防いでいますから。

実際には、これほど単純に話が展開することはありませんが、意図が伝わればうれしいです。

「自分で大きな声を出して数える」は、社長にやらされることではないために、前者よりも随分気持ちよく仕事ができそうです。

大前提は、この考え方(コーチング)が重要になります。

 

OJTは特に注意!新入社員は上司から圧力を感じている

経営者や上司がいくら圧力をかけているつもりはない!と言っても、新入社員は見えない圧力を感じているものです。

これは、親子の間でさえも見られます。

あなたが塾に行きたい!って言ったから塾に入ったのでしょ。でも、このままじゃ良くないでしょ。これからどうするか、自分で決めなさい!

形式上、自分で決めなさい!と言っているだけであって、子どもは親の意図を汲んだ答えをいうというケースがあります。

この場合は、実質的に「指示された」のと同じになってしまいます。

 

会社と新入社員の間にもこの様な関係は、必ず存在します。

いくら、あなたの人柄が良く、親身になって新入社員に接しても、社会構造的に圧力の様なものが生じてしまっています。

特にOJTを行う場合、指導者は、この圧力のようなものを排除する努力をしなければ、いくら素晴らしいコーチングの技術を使っても活かされないことになります。

怖さや権力によって表面的に素晴らしい行動をおこさせても、それは一時的な成果であって次のステップには到達することができないことはあなたも十分にお分かりのはずです。

反対の表現をすれば、内面から納得し、行動がおこせる社員が増えてくるとその会社は必ず次のステップの事業に入ることができます

 

圧力を排除するには、こちらを参考に!

 

具体的事例から新入社員教育を学ぶ【OJTに活用】

一つのケーススタディーとして、次の課題を考えてみましょう。

なかなか業績が挙がらない若手営業マンの山本さん。周りから見ていると、少しの改善で業績が激変しそうなのですが、周りの声を聞こうとしません。何かアドバイスをしようとしても「大丈夫です。自分で何とかします。」という態度です。

ここで、あなたが社員教育をする立場ならどんな声をかけるでしょうか。

当然、この様な正論で話をしても良い方向には変化しません。

あなたの給料は、会社全体の利益から支払われているのだから、素直にアドバイスを聞きなさい!

 

よりよい方法として考えられるのは、

  • 共感をする話から入る
  • 期待をしながら改善策を一緒に考える
  • スモールステップに分解する
  • 一緒に振り返る

などが考えられそうです。

特に、私が社員教育に関わる時には、共感する話から入り、残りの3点のうちどれかと組み合わせることを意識しています。

 

例えば、この様な話から入り、その後が続くように意識しています。

いろいろ結果を出そうと思って手を打つけれど、結果が出ない時って不安にもなるし辛いよなぁ…。私も同じようなこと未だにたくさん。

もちろん、一度でガラッと雰囲気が変わることは、少ないですが、自分の過去を思い出しながらこの様な言葉を言うようにしています

これまで社員教育・組織づくりで様々なことをしてきましたが、論文育て上手のマネジャーの指導方法には、共感できるポイントがたくさんあります。

論文と言っても、具体例が豊富に書かれており、非常に勉強になります。

今回、お伝えしたことの一部でも参考になれば嬉しいです。

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
社員教育
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました