新入社員教育は厳しい方がいい?【表面的な厳しさは一切不要】

社員教育
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

私は、名古屋地域を中止に様々な中小企業の社員教育に関わっています。

実際に、お客様の会社を訪問し、従業員の方と面談をするようなこともあれば、研修の一つとして講義やワークを行うこともあります。

こうした活動をしていると、経営者の方からこの様な質問をいただくことがあります。

新入社員はもちろんのこと、古くからいる従業員も含め、新たな気持ちで社員教育を考えていかないといけない時期にきています。私としては、厳しくビシッとした教育をした方がいい気がしますが、時代にあっていない気がします。どんなスタイルがいいと思いますか?

 

些細なことに見える内容ですが、非常に重要な話題です。

この辺りのことまで正しく理解し、社員教育を行えば、会社は必ず変化しますから。

そして、社員教育の厳しさについては、

結 論
表面的な厳しさを求めると失敗し、内面的な厳しさを与えると成功する

これがどういうことか解説します。

 

新入社員教育は何のために行われるのか?

新入社員教育を行う目的は、会社によって様々ですが、端的にいうと

会社が利益を長期的に出し続けられるようにするため

そのために、小さなところで言えば

  • お客様との接し方(挨拶の仕方)
  • 気持ちのいい電話のとりかた
  • メールの送り方

などなど…の細かな点まで教育するのが通常です(職種によって異なります)。

要するに、お客様だけに限らず、周りの人が気持ちよく過ごせることを目的として教育が行われます。

その結果、いずれ会社の利益につながっていく。

とても大雑把ですが、この考え方はどの職種・業種も異論はないはずです。

 

では、次の様な研修を行った場合、目的が達成できるか考えてみましょう。

 

【厳しい社員教育の事例】これで目標が達成できるか?

ある社員教育を行う会社が次のような研修を行い、話題となったことがあります。

約2週間の厳しい研修の中で行われたことの一部を紹介します。

  • 研修期間中は家族とも連絡がとれない(携帯電話没収)
  • 脱いだ靴が少し乱れていると靴は運動場に捨てられる
  • 駅前に一人立たされて、名前を大声で叫ばなければならない

この3つの項目は、どれも大切な意図が背景にあることは、あなたの十分に分かるとおもいます。

ところが、これを訓練の様にひたすら叩きこめば、お客様だけに限らず、周りの人が気持ちよく過ごせる場所作りが、新入社員でもできる様になるでしょうか。

確かに、大きな声で挨拶ができるようになるかもしれませんが、それが果たして、会社に関わる方々の心に響くのか?というと私は疑問に思います。

 

社員教育には型と意図の両方が大切だと分かる事例

とても簡単な例を挙げてみます。

居酒屋さんの「いらっしゃいませ」は、ただ大きな声で叫べばいいのでしょうか。

元気な大きな声の裏側にも、意図を持たせることが大切です。

以前、あるお店のアルバイトの学生さん達と「いらっしゃいませ」について考えてみたことがあります。

居酒屋に来るお客様はどんな気持ちでやってくるのか想像してもらいました。

  • 大きな仕事がやっと終わったからお疲れ様という気持ち
  • 仕事で何か嫌なことがあって、愚痴が言いたい
  • 友達と久しぶりに再会したからゆっくりと話がしたい
  • とにかくお酒が好きで、一人でも楽しくお酒が飲みたい

想像の世界ですが、まだまだたくさんの項目があがりました。

ところが、こんな話をしている間にも、アルバイトの学生さん達は勝手に「いらっしゃいませ」なんてブツブツ言い始めていたのです。

そんな風景、あなたも想像できるはずです。

こんな作業を少しやってみるだけでも、挨拶は激変しました。

そして、こんな感想を言ってくれました。

小学校の頃から「挨拶をしなさい」と言われるばかりでした。そこで、素直に挨拶できたら良かったのですが人の言いなりになっているみたいで嫌でした。
でも、今日は、お客様のことを想像して、私の声でお客様がご機嫌になって帰ってくれたら楽しいだろうなぁ…と思うと、挨拶は楽しいものになりました。
「いらっしゃい」と「いらっしゃいませ」と言うのもなんとなく感じが違うことがつかめました。多分、言葉の裏側みたいなところが大切なんだと思います。

もちろん、仕事内容によっては、徹底して「型」を守る必要がある場合もありますが、どんな仕事にも必要なのは、

「型」だけではなく、その裏にある「意図」

だといえます。

「型」を守るように厳しくするのは簡単です。

ところが、この事例のように裏側にある「意図」の大切さに気付くような社員教育をするには、何が大切かさらに見ていきましょう。

 

内面的な厳しさを与えられる様に経営陣は努力すること

「型」を守らせるような厳しさを私は表面的な厳しさと言うことがあります。

それに対して、裏側の「意図」に気付かせて、行動できるようにするには、「内面的な厳しさ」が大切だと考えています。

内面的な厳しさを与えるには、思い切り新入社員を信じることが必須
なんとなくこの感覚は伝わるとおもいますが、もう少し詳しく解説します。
 

誰もが素晴らしいものをもっていると信じる勇気

特に新入社員の場合は、何の実績もありません。

社会経験もないために、上司からすると至らない点ばかりが目に尽きます。

それでも、自分で何かを発見する力はあると信じないと、社員教育はただスキルを教える場になってしまいます

何も実績がない状態の新入社員を信じることは難しいですが、信じる勇気を上司はもたないといけません。

決して、様々なことを求める必要もなく、

  • 人と楽しく会話をすることが得意な社員
  • 事務作業が早い社員
  • 時間とお金にこだわりがある社員
  • 専門性が強く、職人のような社員

この様な力のどれかが伸びてくるといいなぁ…という感覚でも十分です。

そして、これができて来ると「内面的な厳しさ」を作ることができます。

 

与えれば与えるほど内面的な厳しさは強くなっていく

人は、信じてもらえればもらえるほど、期待に応えようとする性質があります。

有名な方の伝記を読んでも、その多くに「あなたならできる」と言われて、幼少時代を過ごした人が圧倒的に多いことも分かります。

別の言い方をすると、プレッシャーをかけることができます。

これを厳しいと捉える人もいますが、○○ができないと責任をとって貰うぞ!と言う様なプレッシャーとは全く性質が異なります。

適度な緊張感と喜びが生まれて、先ほど例に挙げたように、学びの場で、自ら何かを発見できるようになる可能性がかなり高くなります。

 

まとめ

社員教育は、厳しい方がいいのか?という素朴な疑問について、私の経験をもとに一つの考え方を紹介しました。

  • 型にだけこだわった厳しさはあまり有意義ではない。
  • 厳しさは、新入社員を思いきり期待することで生まれる。
  • 内面的厳しさが生まれた時、人は自ら学ぼうとする。

一部でも参考になれば嬉しいです。

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
社員教育
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました