新入社員教育に疲れを感じる社員の声【本音を知って改善する】

社員教育
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

しっかりと利益を出し、素晴らしい会社に成長するには、会社に関わる人の質がとても大切になってきます。

このことを十分に理解されている会社は、教育にも力を入れることを怠りません。

ところが、会社が社員教育に力を入れればいれるほど、社員が疲れてしまうような感覚がある…そんなことをあなたも何度か感じたことがあるはずです。

  • 貴重な時間を割いて研修を行ったのに…
  • 高い費用を払って、専門の講師を呼んだのに…

今回は、この様な問題を解決する方法を紹介します。

最後には、今からでもすぐにできる具体的な行動も紹介するので参考にしてください。

 

結 論
研修の形で教育をする場では、
話の内容の良し悪しが重要ではなく、
誰が話すのかがとても重要である

詳しく解説しますが、その前に、新入社員教育の場で新入社員はどの様に感じているのか現状を把握するところからはじめていきましょう。

 

新入社員教育の場で社員は疲れ切っている?

新入社員教育がとても上手い場合には、社員はやる気に満ちて、楽しそうに見えるものです。

その様な場合、特に問題がないので、ここでは、上手く行っていないケースについて紹介します。

頑張って教育をしているけれども、社員は全然、楽しそうじゃないし、いつも疲れているなぁ…と感じることがあれば参考にしてください。

社員は特に経営陣の前で本音を見せることは少ないです。本音は意外とSNSで書かれることが多いので、ここではTwitterを参考にしています。

 

Twitterにあった社員教育に関する率直な感想

これまで、私が名古屋周辺の中小企業の教育に関わってきた経験もふまえると、社員教育が上手く行っていない場合は、残念ながら次のような声が多いです。

  • 研修に時間をかけるくらいなら、実務をさせてくれ!時間の無駄。
  • 社員教育だと行って外部の講師にお金を払うのは無駄。
  • 社員教育という名前を上手に使って、経営者が外部にいい顔をしたいだけ。
  • 結局、今から何をしたらいいか分からないから無駄な時間

残念ながら、この様な感じです。

 

社員教育に疲れ切っているのではなく、分かり合えていない。

ここで考えてみたいのは、研修にかける時間を大きく削減し、素晴らしい内容のものを自社で行ったとします。

上の様な不満をできる限り削減して、社員教育に力を入れるとどうなるでしょう。

実は、私自身、過去に試したことがありますが、何も変化しませんでした。

それは

会社の経営者は、社員を労働力として使っている

この認識がとても強いためです。

社員の視点からみると、労働力を提供してやっているのだから、お金を払ってくれということです。

この考え方は決して間違いではありませんが、この感覚で仕事をしている人が多い会社はいくら素晴らしい社員教育のカリキュラムも考えても無駄になってしまいます。

 

教育の内容よりも誰が社員教育をするのかが最重要

小中学校の授業を思い出すと分かりやすいです。

あなたが楽しいなぁと感じた先生はどんな先生だったでしょうか。

  • 面白い話をしてくれた
  • 休み時間も一緒に遊んだ

他にも要素はあるかもしれませんが、授業がとても分かりやすかったというのが、トップの理由に挙がることはまずありません。

社会科のA先生が好きだったから、社会が好きになって、社会が得意になった。

全てがこのパターンに当てはまるわけではありませんが、圧倒的にこの一連の流れはいつの時代も強く残っています。

 

これを新入社員教育に置き換えると、

新入社員教育を行う人と教育を受ける人との人間関係が最優先される

ということです。

こうして言葉で表現すると、あたり前のことに見えますが、

実際には

  • どんな内容から伝えたらいいのか?
  • どんなスライドを準備したらいいのか?
  • やる気が出るようにするにはどんな話をしたらいいのだろう?

ついついこの様なことから考えるところから始めてしまいます。

ここを追求することも素晴らしいのですが、このままでは、経営者と労働者との溝は埋まることはありません。

では、どうすれば、この溝を埋めることができるのでしょう?

 

社員教育が始まる前の真面目な楽しい雑談が最高の教育

はじめて参加される方も思わず熱心になってしまう会の様子

はじめて参加される方も思わず熱心になってしまう会の様子

社外のボランティア的活動ですが、私が実践が実践してきたことを紹介します。

一連の流れを紹介しますので、経営者と労働者との溝を埋めるヒントになるはずです。

簡単なので、すぐにでも実践できます。

お互いが認められる環境を作って意見を交流する場を作る

具体的な手順を紹介します。

 

STEP1 前提条件を確認する

意見を交流する場を設定するだけだと、どうしても勝ち負けのようなものが生じてしまいます。

それでは、お互いに認められたという感情が得られないので、次の様なルールを毎回、参加者のみなさんにお伝えしていました。

  • 自分の考え方を広げるためにも、他者の考えは否定しない。
  • 賛成できない場合は、否定をせずに、「私の場合は…」という話し方をする。
  • 賛成できる意見が出た場合は、多いに賛成という事を表現する。
  • 部分的に賛成と言う場合も、どの部分に賛成なのか明確にする。

このルールを伝えることで、初めて会に参加される方も、安心して意見が言いやすい環境を作ることができました。

会社の場合、会議の前にこの様なルールを確認するだけで、本音が入った議論が行われるように変化して行きます。

 

STEP2 テーマを発表し2つ以上の考え方を提示する

私が名古屋で行っていた会には、フリーランスの方、主婦、公務員、経営者など様々な方が参加されていたので、社会の課題をテーマに扱うようにしていました。

例えば、消費税10%は社会にとって本当に必要なことなのか?という様なテーマです。

そして、敢えて、賛成派・反対派の考えを1つずつ紹介します。

  • 消費税を増税しないとこの後訪れる少子化の問題に対応することが難しい。
  • 今増税をすると消費が落ち込み、経済活動が停滞するのではないか?

この様なことを、解説しながら提示し、自分の考えをもってもらうようにしました。

 

STEP3 自分の考えを発表しながら交流する

5〜10人程度のグループに別れて、テーマに沿った意見を交流していきます。

最初は、緊張感が感じられますが、次第に打ち解けあい、50分間自由に話し合う時間を設定しても、毎回「時間が足りない」という声が挙がっていました。


たったこれだけのことで、結論が出たり、何か利益が出るものではありませんが、この活動は、募集を開始するとすぐに満席になるという状態が続いていました。

 

真面目な楽しい時間が生んだものとは何か?

参加者の方々に、何が得られたのか聞いてみると、

  • 自分の考え方が狭いものだと認識できる。
  • 自分の考え方は賛同者がいないだろうと思っていたが賛同してくれる人がいて安心することができた。
  • 本音で話ができると考え方が違っても、一体感の様なものが感じられた。

この様な返答がたくさんありました。

そして、一度参加してくださった方の多くは、リピートして参加してくださったということは、この様なことを自ら求めようとされるようになったということです。

 

「これからの時代、勝ち残っていくには考え方を広げないといけません!」きっとこんなことを私が言いながら、この会を行っていたら、誰も参加しない会になっていったと思います。

人は、自分のことが分かって貰えてはじめて、変化することができる

ということです。

同じ社員教育を行うのであれば、前のめりになるくらいの関係を作ってから行ったほうが遥かに効果的です。

今日紹介した実践は、とても効果が高いものですから、是非、試してみてください。

詳しいやり方など、不明な点があれば、お問い合わせより、ご質問をください。

不明な部分を丁寧に解説いたします。

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
社員教育
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました