新入社員教育は外部講師に任せた方がいい?【お任せは厳禁】

社員教育
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

私は、様々な会社の新入社員教育にも関わっているために、

新入社員教育などの教育は外部講師に任せた方がいいですか?

という質問をいただくことがあります。

もちろん、外部講師を活用するメリットもたくさんありますが、

教育をしてくれるサービスとしてお任せすることは危険

です。

その理由と、問題を回避する具体的な方法を2つ紹介します。

私が実際に体験した失敗を踏まえて記事を書いていますので、参考にしていただけたら幸いです。

 

新入社員教育を外部講師に任せる時のよくみかける課題点

社員教育は様々なスタイルがありますが、社員教育を専門に取り扱っている会社もたくさんあります。

その様な会社に電話をすると、すぐに相談に乗って貰え、対応してたいだけるのですが、実際に私も何度か利用をして課題を感じたので、まとめておきます。

この後紹介する課題は、私の実体験であって、この様な事業をしている全ての会社が下記に該当するわけではありません。

 

社員教育後「満足度が高い=仕事への意欲向上」ではない

社員教育について相談すると、

弊社はご覧の通り、これまで行ってきた社員教育でも非常に高い評価を得ています。きっとニーズにお応えできると思います。

と言いながら、アンケート結果をまとめた資料を見せてくれます。

私の場合、社員教育について悩み、外部にお願いしようと思ったのは「藁をもすがる思い」の状態でした。

この時に、素晴らしい評価がされた資料を見せられると、期待が大きくなります。

 

実際に、外部講師の方を招いた研修は、面白いアイディアも多く確かに満足度が高いのも十分納得できました。

ところが、

素晴らしい映画や本を見て人生が変化するか?

ということ、そんな事は稀にしかありません。

実際、社員達も一時、盛り上がった感じはありましたが、外部講師の方を活用した数回のシリーズの研修では、持続性は感じられませんでした。

 

外部講師を使った社員教育は費用がとても高い

社員教育と言っても、そのジャンルは様々ですが、どのジャンルの話を聞くにしても安くて1日20万円程度の費用が必要になります。

さらに、社員の教育プログラムを販売している会社と相談をしてゴールを設定し、カリキュラムを組み、研修を定期的に実践していくと、数百万円もの費用がかかってきます。

特に従業員が10人〜30人程度の小規模な中小企業の場合だとこの費用を捻出するのも現実的になかなか厳しいのではないでしょうか。

 

外部講師は、実務の経験が少なく、最悪アルバイトのこともあり

通常、外部講師は専門性の高い方が来てくださるのですが、特に研修依頼の多い4〜5月は注意が必要です。

この時期は、外部講師が不足しがちな時期で、場合によっては、実務経験も専門性もない人が講師として仕事をされる場合もあるからです。

事前に社員教育内容を丁寧に打ち合わせをしていれば、ある程度の質は担保されますが、説得力にどうしても欠けてしまいます。

私の場合、社員教育は誰が話すのかをとても重要だと思っているので、この時期の外部講師の利用は避けた方がいいと実感したことがあります。

社員教育は、教育の内容よりも誰が話すのかが重要な理由は
新入社員教育に疲れを感じる社員の声【本音を知って改善する】を参考に。

 

では、これらの問題を解決できる具体策を紹介します。

 

同業者は敵でもライバルでもなく、共に成長する仲間

以前は、同業者は敵・ライバルという風潮が強かったのですが、近年では、「仲間」という雰囲気が中小企業間で出てきた様に感じます。

そして、同業者というのは、抱えている悩みも似ていることがとても多いです。

ですから、地域の同業者で集まり、近況を報告したり、悩みを打ち明ける様な場を設定することで様々な気づきが得られる場を作ることができます。

よくあるのが、経営陣だけがこの様な場に参加するというものがありますが、大切なのは従業員がこの様な場に参加することが大切です。

私がこれまでこの様な取り組みを行ってきた実感で言うと、

成果を出している会社は惜しみなくノウハウも考え方も教えてくれる

ということです。

同じ様なことで悩んでいる人が何をキッカケにブレイクスルーできたのか生の声をきけるというのは、誰にとっても有益です。

2〜3ヶ月に一度実践し続けたところで、大きな費用がかからないというのもメリットです。

敢えて、デメリットをあげるなら半日程度の時間を割く必要があるという程度です。

 

新入社員教育・社員教育の理想的な外注の形

私がこれまで社員教育について散々悩み、たくさん失敗をしてきた経験を発信し続けた結果、現在では、岐阜・名古屋・三重を中心に中小企業の社員教育・経営に関わる機会が増えてきました。

当然、これまで私が感じてきた不安、課題点をクリアしながら関わっていくことが大切です。

ですから、次の様な点を特に大切にしています。

  • 関わる会社の従業員全員と可能な限り個別で話をする時間を作る。
  • とにかく本音が聞けるようになるまで継続的に話を聴く。
  • 本音が見えてきた後に、今後の教育方針、経営方針を整理していく。
  • 最初から長い目(最低でも2〜3年程度のスパン)で物事を見る。

実際に、こちらの会社でも基本は上記のことを大切にして関わっています。

「仕事として任せた!」「任せてください!」という感覚ではなく、私の会社の一員のつもりで、一緒に会社を作っていくという感覚です。

誰もがすぐに得られる結果を求めますが、この会社の様に改善をしていくにはある程度の時間も必要になってきます。

 

この記事の一部でも参考になる点があれば幸いです。

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
社員教育
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました