【おススメ!ビジネス本】水戸黄門経営 参考書籍(9/15?9/28)

参考書籍
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

毎朝、【水戸黄門経営 早朝独勉会】と題し、読んだ本の書評をFacebookに投稿しております。

そして、2週間に1度、『町野が選ぶおススメの1冊』をブログにて発表しております。

 

今週のオススメの1冊は、

「売上が上がらない」「部下が働かない」とお悩みの経営者や管理職、リーダーの方々におススメします。「人」や「環境」を最大限に生かす知恵が随所に盛り込まれている良書です!

 

先週の必読ビジネス書(9/4?9/14

 

カーネルサンダースの教え 人生は何度でも勝負できる!

9/15

ご存知ケンタッキーフライドチキンの産みの親について書かれています。65歳一文無しから立ち上がる凄味、ゾクッとしました。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.to/2C98jEW
????????????????

OPTION B

9/16

フェイスブックCOOが夫の急死による混乱から立ち直る、回復するための具体的なステップが書かれており、レジリエンス(回復力)は自分で鍛えられる力との主張は参考になります。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.to/2l9Qkni
????????????????

 

今週のおススメ本はコレ!

マグロ船仕事術

9/20

とても参考になる本です!狭い船内で40日以上も生活するという状況が、小ぶりな中小企業とリンクする点が多く、なるほどと思わせる事例が満載です。良い出会いをしました!

【書評】
高ストレス体の「まぐろ船」での仕事の進め方が中小企業経営にとても役立つ要素がたくさんあると感じました。
まず、「今ある人」「今あるもの」で工夫して結果をだすしかないという一言からもそれを感じます。
「マグロ船は不便だから工夫するしかない」という覚悟も普通に語られていますが、その境地はなかなか難しいものです。

マグロ船のリーダーは強烈なリーダーシップでけん引していく対応が多いのかと思いきや実際は全く違っており、相手の「自信」を第一に考えるようなタイプのリーダーが結果を出しているようです。すなわち周りを承認できる力を持っている人が良いリーダーであるということです。
如何に周りの力を引き出すことができるのが大切ということです。指示・命令よりも相手に関心を持つことが相手からの信頼を得ることだという点にも納得いました。

 

そのためには部下であっても相手はパートナーであり、しっかり尊重することとの認識が必要との確認になりました。次に認識した点は「人は指示通りには動かない」という点と「アドバイスは的外れであるのが普通」という点です。

 

指示通り動くと思うから「イライラ」するし、「アドバイスは的確であるべし」と思うから的確じゃないと「イライラ」します。

 

しかし、的確でないアドバイスでもそうかという気づきを得ることもあります。
そういった気づきにもつながる人からのアドバイスはいったん受け止める必要があります。

 

次に目標管理についてみていきます。マグロ船では水揚げ高の目標管理はしません。
なぜならマグロが取れるかどうかはマグロの通る場所を予測できたかどうかが肝ですが、これはかなり偶然性の入る領域で外す確率の高いものです。

 

ですから自分たちでコントロールできる部分をしっかり準備する、もし出すべき成果が出ていないときには自分たちで手の打てるところを具体的に変更・改善していくことで、知恵を出し合える部署になっていくと思われます。

 

仕事とは自分でコントロールできる部分とできない部分が混在しているのが普通でその関係性の中でどのように向き合っていくのかがポイントです。

 

あと、目に見えない部分にも目配りできるかどうかもポイントです。ここに気づけると配慮ある一言の声がけができますが、そうでなければ、全体の本質をとらえきれなくなります。
最後に「マグロ船は狭くてストレスがたまりやすいからこそ、できるだけ相手のいいところをみつけてほめてあげる文化がある!」という点が中小企業経営にも通ずるものと思います。

 

【目次】
第1章 マグロ船長流 職場を活気づけるコミュニケーションの極意
第2章 逃げ場がない狭いマグロ船だからあみだされたストレス回避術
第3章 統率料が命! マグロ船の部下指導のコツ
第4章 日本一のマグロ船長が教える!業績アップの考え方
第5章 一歩間違えれば「死」。マグロ船流リスク管理の秘訣

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.to/2C92SWm
????????????????

 

スーツを脱げ、タイツを着ろ!

9/21

「教習所だから」を丁寧に「教習所なのに」に変えていった経営者の話しです。タイツのヒーロー、振り切る本気、成功への要素とは何かを教えてくれる書籍です!

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.to/2DPsuWv
????????????????

 

残念な社員が一流に変わる秘密のルーティン

9/22

紹介されているポイントは…?ノートに書く事による思考整理と意識付け?面談活用によるペースメイクと軌道修正…です。対話が大切と再認識です。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.to/2zsFNZo
????????????????

 

図解モチベーション大百科

9/25

信頼が行き渡っている組織は、共通の目標を目指して団結し、結果として個人では絶対辿りつけない高みに到達すると書いています。目指す世界観です!

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.to/2Dc3fMF
????????????????

 

信頼の原則

9/26,27

人には意識している目標と「裏目標」があり、その「裏目標」が影響して、能力開発が進まない事例が書かれています。処方箋は「対話・経験・FB」との認識です。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.to/2C72qYM
????????????????

 

皆さま、いかがだったでしょうか?

ぜひ、皆さまの読書選びの参考になさってください。

次回の書評も乞うご期待!

 

タイトルとURLをコピーしました