【町野が選ぶ!必読ビジネス書】水戸黄門経営 参考書籍(6/19?29)

参考書籍
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

毎朝、【水戸黄門経営 早朝独勉会】と題し、読んだ本の書評をFacebookに投稿しております。

そして、2週間に1度、『町野が選ぶおススメの1冊』をブログにて発表しております。

今回のオススメの1冊は、「○○学習」の概念を、ビジネスパーソン・人事担当者はじめ人材教育に携わる方全般に紹介してくれる良書です。

 

先週のおススメ本はコチラ↓

必読ビジネス書(6/5?6/15)

 

なぜあなたのやる気は続かないのか  平本 あきお

6月19日

この本は行動継続がなされるポイントが書かれています。
「人を巻き込む」「最初は小さく設定」が恵贈のポイントです。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.asia/dJsP2ow
????????????????

 

野村證券第2事業法人部  横尾 宣政

6月20日

専門性も馬力もある営業マンのストーリーですが、それが誰のために発揮されたかが問題です。
営業は顧客本意であるべきです。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.asia/1bKkKR6
????????????????

 

「数字」が読めると本当に儲かるんですか? 古屋 悟司, 田中 靖浩?

6月21日

知識本の新しいアプローチがなされています。
著者が花屋の経営者で自らの経験を基に話を展開しています。
わかりやすいアプローチです。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.asia/9FHINBn
????????????????

 

ムハマド ユヌス自伝    ムハマド ユヌス,アラン ジョリ

6月22日

何日かかけてやっと読破しました。
読んだ意味はありました。
確かに「凄い」です!ただただ圧倒されました。

????????????????
<本を購入する>
https://honto.jp/netstore/pd-book_01587446.html
????????????????

 

あの会社はこうして潰れた  帝国データバンク情報部 藤森徹

6月23日

「破綻事例との共通要因はないか?」と自主点検して戒めることが肝要と認識しました。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.asia/0JxZiJo
????????????????

 

誰がアパレルを殺すのか  杉原 淳一?,?染原 睦美

6月26日

かっての花形産業が過去の成功体験から抜け出せない様を描いています。
アパレル産業は死んでいないやり方はあるとの思いが伝わってきます。


????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.asia/51XBAgg
????????????????

 

世界最高の学級経営 ハリー・ウォン?,?ローズマリー・ウォン,?稲垣みどり?(翻訳)

6月27日

「教育・教師」において必要な事は「職場・経営者」に必要な事と共通しており、
最初の「場」作りと「関係」作りに最大の準備と努力をせよと論じています。


????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.asia/6l6HWu6
????????????????

 

フィードバック入門   中原 淳

6月28日

耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術、
とても大切で勇気のいる対応について書かれています。

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.asia/8lab9LI
????????????????

 

町野が選ぶおススメの1冊はコレ!

 

職場が生きる人が育つ「経験学」入門   松尾 睦

6月29日

人の成長には経験がとても大きな影響を与えると言われています。

割合としては70%と言われています。
ちなみに20%の影響を他者からのアドバイス、
研修などによって10%の影響を受けると評されています。

すなわち、
自己経験が一番本人の成長に影響を与える要素なのです。

しかし、
この自己経験からうまく学ぶことのできる個人や組織とできない個人や組織があります。

その違いと気を付けるところを記載されています。

適切な「思い」と「つながり」を大切にし「挑戦し、振り返り、楽しみながら」仕事をするとき、経験から多くの事が学べると論じています。

「思い」とは仕事をする上で大事にしている考え方や価値観であり、「つながり」とは他者との関係性です。

「挑戦し、振り返り、楽しむ」という言葉は「ストレッチ、リフレクション、エンジョイメント」というキーワードで表しています。

私はここに「水戸黄門経営」のヒントがあると思います。

?「思い」というのは組織で追及している理念・個人においてしっくりくる価値観とのリンクをどう取っていくかの活動です。
?「つながり」というのはまさしくどのようなコミュニケーションがとれているかということです。
?「挑戦し、振り返り、楽しむことのできる」人は間違いなく優秀であると特定できます。

とはいえ、
?の活動が自然と行える人の数は少数派なので、それを組織としてもつことができれば競争源泉となります。

???をどのように組織内展開が起きるようにデザインし、運営するかがポイントであり、社内にそのリソースがない場合は外部の専門家の活用も検討すべきと考えます。

 

<目次>

はじめに

序章 経験から学べる人、学べない人

第1章 成長とは何か

能力的成長と精神的成長
能力的成長とは
精神的成長とは
プレイヤーとしての成長、マネジャーとしての成長
時代に合わせた「学びほぐし」

第2章 経験から学ぶ

70:20:10の法則
一皮むけた経験
コラム 守・破・離の考え方
自ら経験を創り出す
経験学習のサイクル
「よく考えられた実践」でサイクルを回す
コラム 学びにくくなっている日本の職場

第3章 経験から学ぶための三つの力

根っこを育てる
経験から学ぶ力の三要素
(ストレッチ系の学ぶ力)
なぜストレッチが必要か
方略1 挑戦するための土台をつくる
方略2 信頼を得てストレッチ経験を呼び込む
方略3 できることをテコにして挑戦を広げる
まとめ ストレッチの足場を作る
コラム 自分の頭で考える「ノウイング」
(リフレクション系の学ぶ力)
なぜリフレクションが重要なのか
方略1 行為の中で内省する
方略2 他者からフィードバックを求める
方略3 批判にオープンになり未来につなげる
まとめ 進行形で内省する
コラム 持論を問い直す「内省的実践」
(エンジョイメント系の学ぶ力)
なぜエンジョイメントが必要なのか
方略1 集中し、面白さの兆候を見逃さない
方略2 仕事の背景を考え、意味を見いだす
方略3 達観して、後から来る喜びを待つ
まとめ 仕事の意味を発見する
コラム 仕事に関心を持つ「内発的動機づけ」

第4章 「思い」と「つながり」

(思い)
適切な「思い」が成長を決める
自分への思い、他者への思い
経験から学ぶ力のドライバー
顧客のために働くこと
成長したいという思い
二つの思いを融合する
コラム 利己と利他
(つながり)
発達的なつながり
発達的な「つながり」を構築する方法
職場外から率直な意見を聞く
人を選び、誠実につきあう
自ら発信し、相手を受け入れる
コラム 発達的ネットワーク
(「経験から学ぶ力」のまとめ)

第5章 学ぶ力を育てるOJT

OJTのサイクル
コラム 「育て上手のOJT指導者」調査の概要
調査でわかったこと
目標をストレッチする
進捗を確認し相談をうながす
内省をうながす
ポジティブ・フィードバック
年次により指導方法を変える
人材をつぶす指導者の特徴
OJT力をアップする
コラム 伝統的なOJTの手法

第6章 学ぶ力を高めるツール

三種類の診断ツール
ツール1 経験学習力チェックリスト
ツール2 経験学習カルテ
ツール3 経験キャリアシート
職場でワークショップを開く
マニュアルや事例集を作成する

おわりに

????????????????
<Amazon.co.jpで購入する>
http://amzn.asia/cdMXGTO
????????????????

 

ぜひ、皆さまの読書選びの参考になさってください。

次回の書評も乞うご期待!

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
参考書籍
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました