職場の雰囲気がよくなる部下のやる気を引き出す2つの方法

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

「組織力の構築」を推進していく中で、重要視したいのが部下のやる気です。部下のやる気がある方が職場の雰囲気もよくなり、組織力も高まりやすいのは明白かと思います。

 

今回は、部下のやる気を引き出す方法を2つお伝えします。

 

よく塾のTVコマーシャルの影響からか、「やる気スイッチ」といったものが議論に上がります。

やる気スイッチ

自分は「やる気スイッチ」は誰にでもついているし、ついていないとも言えると思っています。「やる気スイッチ」は探すものではなく、すでにあるものとして働きかけるべきものと捉えています。

 

部下のやる気を引き出す1つ目「リフレーミング」

ポジティブ

相手のやる気をアップさせる一つの方法としては、相手が物事についてネガティブな要素を言語表現した際に、ポジティブな言語表現をすかさず返すようにする、というものがあります。コーチングで「リフレーミング」と呼ばれる手法です。

 

自分が過去にどうしようもなく経営に行き詰まり、「コーチング」を受けたときのことはメルマガ・ブログで何度も触れていますが、私の場合、一番効果を感じたのがこのリフレーミングでした。

 

粘り強くポジティブな方向へ相手を導くように働きかけることが、相手(部下)の前向きなやる気の形成につながることは間違いありません。

 

部下のやる気を引き出す2つ目、部下の「エンゲージメント」を高める

エンゲージメント

もう一つ、部下のやる気を向上させる方法としてオススメなのは、部下の会社へのエンゲージメントを高めることです。

 

経営者として、「企業理念の実現のために会社がある」という考えとあわせて、「社員の自己実現のために会社がある」という考え方を日常に取り入れてみましょう。

 

「企業理念の実現のために頑張る」というのは、経営者にとって分かりやすいと思います。反対に「社員の自己実現のために会社がある」という考えは理解しにくいのが経営者の普通の感覚ではないでしょうか。

 

事実、この方向を志向するためにはかなりのエネルギーと努力を要します。自分もふらつきながら、「社員の自己実現のために会社がある」という考えに懸命に取り組んでいます。

 

この考えを経営者が自然に持てるようになると、部下の「生産性」と「会社に関わる人間の幸福度合い」を向上させることができます。

 

社員の会社に対する愛着心や思い入れを向上させることができるので、エンゲージメントが自然と高まり、「組織の構築」につながるのです。

 

高い組織力を構築し、業務戦略を効果的に推進するために、部下のやる気は不可欠です。

 

 

本日職場を見渡してみてください。やる気のある部下で溢れているでしょうか。それともやる気のない部下が多いでしょうか。

 

部下の「やるぞ!」という気持ちは職場の雰囲気を活性化させ、業務効率を向上させてくれます。

 

どうすれば部下のやる気を引き出すことができるのか、いま一度考えてみてはいかがでしょうか。

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました