【上司の心構え】社員のやる気を無くす言動とやる気を高める言動

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

中小企業であっても、当然チームワークは大切です。

チームワークが良ければ、新しいアイディアも生まれてくる上に、何より仕事が楽しくなるもので、当然、結果にも繋がってきます。

経営者からすれば、

どの従業員も真面目に楽しく、やりがいを感じながら働いて欲しい

と切に願うとところですが、この状態に近づけるきっかけを作るのも上司であり、残念ながら遠ざけるのも上司ということになります。

そこで今回は、様々な中小企業の組織開発・人材育成を通して見えてきたことをお伝えします。

  • 従業員のやる気がなくなってしまう上司の言動
  • 従業員のやる気が大きく向上する上司の言動
この両方を紹介しながら、経営者も含め、上司はどの様な言動をとるべきか考えていきましょう。
 

従業員のやる気がなくなってしまう上司の行動の具体例

仕事に対するやる気というのは、様々な要因が複雑に絡みあっていますが、概ねある程度の傾向があります。

パッと思いつくものは、

  • 上司に嫌なことを言われる・非難される。
  • 努力がなかなか認めてもらえない。
  • 上司自身がたいして仕事をしていない。
  • 給料が全然あがらない。

だと思います。

ところが、私が様々な中小企業の社員教育に関わり、それぞれの会社の従業員の方々と話をしてわかったことは、

上司が部下に対して無関心であること

が最もやる気を削いでしまう行動だということに気づきました。

 

人は何もされないよりも嫌なことでも何かされた方が幸せ

少し寂しい話になってしまいますが、人が最も辛いのは、「何か嫌なことをされる」よりも「放置される」ということです。

小さい子どもの様子を観察するとよく分かりますが、一人で寂しい時に、大抵周りの子が嫌がることを敢えてすることがあります。

例えば、友達が遊んでいるおもちゃを突然取るという行動がこれに該当します。

そうすると、相手の子が「泣く」か「仕返し」をしてくることが十分期待できます。

「仕返し」をされるのは当然嫌なのですが、「何もされない」より随分いいので、敢えて嫌がる行動をとるのです。

 

仕事なんだから無関心になることはないのでは?

大人の場合、増してや「仕事」となると部下に対して無関心になることは滅多にないと考える人も多いでしょう。

確かに、子どものいじめの様に「無視をする」という様なことはありませんが、

  • この部下には、どうせアドバイスをしても無駄だなぁ。
  • この部下の話を聞こうとしても、どうせネガティブなことしか言わないしなぁ。

と知らず知らずの間にこの様な気持ちをもってしまっていることがあるのです。

また、反対に「部下を信じることは大切」という、自己啓発的な本に書かれている言葉の表面だけを捉えて、

  • 彼は優秀な部下だから余計な言葉はかけない方が良い。

と強く思い込んでいる経営者・上司も案外多いものです。

もちろん、私自身も知らず知らずのうちにこの様な感覚になっていたことがあります。

もちろん、部下を信じることは大切ですが、

部下を信じているから声を掛けない

というのは、大きな間違いです。

 

従業員のやる気を損なわないようにするには関心を寄せること

こうした話をすると、「分かった、何か声を掛けることが大切なんだな」という事になりそうですが、特に意味もなく声を掛けるのは、邪魔にしかなりません。

特に優秀な部下ほど、

むやみやたらに声を掛けてくるのはかえって邪魔だ

と感じる傾向が強いです。

では、どうすればいいのでしょうか。

 

仕事の状況などを聞く時にも人に関心を寄せる

仕事のすすみ具合を聞く必要が出てくる場面は多々あると思います。

その時に、実務的に状況を聞くだけでは、無機質な会話のやりとりだけに終わってしまいます。

ですから、

  • なぜ、その様な方法で仕事を進めたのか?
  • なぜ、お客様にその様な返答をしたのか?

など、相手の行動の理由に関心を寄せながら話を聞くことがとても大切です。

間違ってはいけないのは、「問いただす」というのではなく、自分もあなたの行動から学びたいから教えて欲しい…という気持ちで接することです。

社長
社長

お客様へのその説明って、とても斬新な気がするんだ。

どうしてそんな説明をしようと思ったのか、そのアイディアの出どころを教えてくれないか。で、もう少し練れば、もっといい返答になりそうな気がするんだ。

こう言われると、自分に対して無関心だと感じる人はいないはずです。

 

1対1で話をする機会を設ける

ビジネス的な表現でいえば、「1on1ミーティング」というものです。

これを行うには、上司も従業員もある程度(10分〜15分)の時間が必要になりますが、月に1〜2回は行う価値は十分にあります。

確かに様々な業務に追われる中で、従業員の15分を奪うことは大きな痛手となりますが、従業員も仕事をしながらいろんなことを感じているものです。

それを落ち着いた場所で、しっかりと聞いて貰えるというのは大きな安心感にも繋がります。

当然、最初から「腹を割って話す」ということができるとは限りません。

ところが、経営者や上司が、従業員の感じたことを全て受け止めるという姿勢でミーティングを続けると、次第にミーティングは濃いものへと変化していきます。

実際に、私が支援を行っている会社では、この様なミーティングを適宜行う様にしてもらった結果、社風が随分改善されてきました。

 

経営者・上司は従業員の人生を背負っている

業務上の経営者・上司の仕事と言えば、

  • 会社の経営に対して責任をもつ。
  • 従業員(部下)をまとめて仕事を効率的に行う。

というものです。

ところが、仕事・職場を通してでも、人と人が出会ったなら、お互いの人生に対しても何らかの影響があるということを頭に入れておく必要があります。

増してや、経験豊富な経営者・上司となれば、従業員に対する影響力も大きいということは忘れてはいけません。

そして、経営者・上司は仕事以外の部分も伝えてどこか役に立って欲しいという気持ちを持っておくべきです。

「仕事以外の部分」と言うと、今の時代にあっていない印象もあるかもしれませんが、従業員が仕事を好きになるきっかけというのは、

仕事ができる上司に憧れるのではなく、上司に憧れるから仕事ができる様になりたい

というところから生まれるのです。

ですから、経営者・上司というのは、業務上の役割を果たすと同時に、従業員からすれば、出会えて良かった…と感じられる先輩であるという立場であるということです。

 

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました