前向きな「対話」が、組織の魅力を高める一歩

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

今回は「組織力の構築」について、「理念」「対話」「実績」の面から考えてみましょう。

 

一つ、新卒採用の場面ではどうでしょうか。

学生の方に強くアピールしたいと考えたときに、一番のアピールポイントはやはり会社の「実績」になります。

 

この実績にも色々な実績があります。売上・利益・成長率・採用実績・定着率・・・どれを取り上げるかも会社の考え方によって変わってくるでしょう。

 

次に学生の方たちに訴えたいポイントは「理念」です。

 

「何のために会社経営をしているのか?」という問いから、学生の方の興味を引くことは大きなフックになります。

 

この新卒採用の場面で、実は忘れてはならないのが会社の「対話力」です。

 

熱く「理念」を語ることももちろん大切です。そこで興味を持ってもらうことは最初の一歩になります。

 

当社の採用時の学生の方の声を聞くと、会社説明会において力を入れた「理念タイム」より、「質問・対話タイム」がとても好評でした。

 

当社では参加学生を少人数のグループに分けて、当社の社員がそれぞれのグループに順番に会社の説明と学生の方からの質問を受ける・・・という形をとっています。どの年度の声をとっても、ダントツ評価が高いのが「質問・対話タイム」でした。

 

「あれで志望度合が一気に上がりました!」
当社に入社した新卒採用者は100%そう言います。

 

「対話」の魅力を端的に表す事例と言えるのではと思います。

 

また、「対話」の魅力を証明するものとして、弊社が毎月一回開催している【水戸黄門経営実践会】についてお伝えしたいと思います。

404 NOT FOUND | 水戸黄門経営のすすめ
株式会社インターテック|社員と経営者の心を’つなぐ‘共創経営

 

この実践会のコンセプトは、「先生のいない勉強会」。

何かの講話を一方的に聴くのではなく、参加者全員で一つの経営テーマについて「対話」を行い、解決を目指そうというスタイルの勉強会です。

 

 

この実践会は特段の広告をしているわけではありませんが、おかげさまで口コミによる新規参加者が増えており、あわせて参加者のリピート率も高く、大変好評を博しております。

 

この勉強会のポイントも「対話」です。

 

参加者の皆さんのアンケート結果を見ましても「色々な方との対話が面白かったです!」との声が圧倒的です。また、日常においてそのような前向きな対話が少ないということの現れとも感じています。

 

「会社でリラックスした、健全な対話がおこなわれれば・・・」

 

先回、今回と場面は変わっていますが、「対話」の価値についてご理解いただけたのではないでしょうか。

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました