「対話」があれば、たとえ結果が出せなくなっても組織は瓦解しない

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

以前、「戦略業務の遂行」に必要な「一貫性の担保」についてお伝えしました。

経営の悩み…時代は変化しているのにどうやって一貫性を保つのか?
会社経営には重要なことがたくさんあります。 その中でも会社・組織の「一貫性」を維持するという事は大切です。 個人事業主で言えば、「ブレない軸」をもつという言い方がメジャーかもしれません。 当然と言えば当然のことですが、ここ...

今回は、「一貫性の担保」を社内の人と人との「関係性の質」の面から考えてみましょう。

「立場」であったり「部門」であったり「業務内容」であったり、様々な「違い」が存在するのが組織です。当然、その立場や部門によって追いかけるものは違います。同じ立場、同じ職種においても習得度合・経験等の違いがあります。
組織においてはその違いを「尊重」し「共感」できないと、齟齬の生じ、確執の原因に容易になってしまいます。

 

それが現れやすいのが「機能業務」と「戦略業務」です。

今を支える「機能業務」
将来をつかむ「戦略業務」

・・・齟齬があるのが普通です。

 

そのため対話が必要になります。実績への信頼も必要ですし、追いかけている指標への相互理解が必要なのです。
「対話なんてまどろっこしいことをやってるよりも実績だろ!」となって、目先優先・過緊張に陥りがちなのも組織です。

 

その顕著な例が「中小企業」「暴れん坊将軍経営」であると思っています。

もちろん「実績」は大事ですし、「実績」が全てを癒す瞬間も確かにあります。しかし粘り強い対話を恒常的に行える風土がないと、結果が出せなくなった瞬間に組織が瓦解してしまうのです。

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました