「なぜか部下とうまくいかない…」会社に退職者が続出する理由とは

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

中小企業経営者の目指す「組織力の構築」にとって、「対話」の重要性について異議を唱える経営者はいないのではないでしょうか。

今回は、どうして「大半の会社で、全社レベルのリラックスした健全な対話が行われていないのか?」について考えてみましょう。

 

なぜ社内でリラックスした健全な対話ができないのか?

 

理由としては、「相手の考えを認める」ことに慣れていないという点が挙げられます。とくに上司・部下の関係ではこれが顕著です

 

 

どちらかというと、上司は部下の考えの自分との相違点を追及し、部下の考えを変えさせる・・・といったことを行いがちですしかし、これでは「対話」にはなりません。

 

「部下の勝手な考え(上司がそう思っている)を認めてしまったら、示しも何もあったもんじゃない!声高にでも言って、きつく叱って、相手の考えを是正するんだ!それが相手のためでもあり、これは会社のためである!」

上司の方がそのように思ってしまうことは決して少なくありません。自分も本当に長い間、そのように思い込み、そのように判断し、そのように部下に接してきました。

 

結果がどのようになったかは、何度かメルマガやブログ、その他でもふれていますが、質の高い関係性は形成されませんでした。

 

結果として、大量の退職者を発生させることになりました。

 

だから自分の対応を変えることにしました。

 

 

「対話」を持つことを心がけた結果、退職者が止まった

考えに相違がある、未熟さを感じる、意見・是正をしたい・・・そう感じたときこそ、その社員の将来、変化を無理にでも絶対に信じるようにしたのです。

 

 

今の部下の状況から将来を見ると、「なんでだ!きちっとしろ!」のオンパレードになります。そうではなく、将来、変化しているであろう部下を強烈にイメージして接するようにしたのです。強固なバックキャストです!

 

「将来このようになってほしい。だから今これを何としてでも、ねじ伏せてでも伝える!」・・・繰り返しますが、この考えは捨てました。これは、何も伝えない、何でも許容することとは異なります。

 

 

だから「対話」なのです。
相手の考えを知り、相手を承認することには、確かに驚くほどのエネルギーが必要になります。ストレスも相当です。

 

しかし「号令・命令出しでスピード感を持って・・・」ということの一方通行のコミュニケーションを行わないようになると、結果、退職者を止めることができました!

 

「部下となぜかうまくいかない」

「退職者が続出している」

「部下に伝えたいことが伝わらない」・・・

 

そのように感じていらっしゃるなら、そのままの相手を承認し、「対話」を持つよう心がけてみるようにしましょう。

 

 

徐々にあなたと部下に、ひいては全社的な雰囲気にも変化が見られるようになるはずです。

 

 

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました