部下の考える「理想の上司像」を念頭に行動を変えてみる

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

部下との良い関係を築くためには、部下の考える理想の上司像について学ぶことも意義があります。

今回は、

部下の人たちが考える「理想の上司像」について考えていきましょう。

部下の人たちは、理想としてどんな上司像を描いているのでしょうか?

 

理想のリーダー像についての調査記録を見てみると、部下の求める理想の上司の資質が浮かび上がってきます。

 

まず、どの調査結果を見ても上位に挙がっているのが、「上司の誠実さ」です。

部下が上司の誠実さを求めていることは、自分には「弱さを見せ合える組織が強い組織である」ということと繋がっていると思えてなりません。

 

なぜなら、上司が取り組んでいることがうまくいかないとき、上司として「無能」を恐れるのか、「不実」であることを恐れるのか、が強い組織を創るポイントになるからです。

 

自分もそうでしたが、経営者や上司にとって「無能」と評されることは最も恥ずかしいと感じることです。

 

しかし、部下の人たちが望んでいることが「上司の誠実さ」であれば、言いつくろう必要なく、正直に現状を語ることが必要とされているのではないでしょうか?

 

つくろわず、赤裸々に部下に現状を話すことは本当に覚悟がいることです。

自分もまだ出来ているかと問われれば、「修行中」と言わざるをえません。

 

やはり「有能」と思われたい気持ちがありますし、自分でも「有能」と思いたいものです。

しかし部下に期待されていることは、上司の「有能さ」よりも「誠実さ」が上位であるということを肝に銘じなければなりません。

そして次に部下が上司に期待する資質が「前向き」であるということ、
その後「わくわくさせてくれる」「有能」であるということを常に頭の片隅に置いて部下と接するようにしてください。

 

 

 

 

 

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました