部下の考える「理想の上司像」を念頭に行動を変えてみる

部下との良い関係を築くためには、部下の考える理想の上司像について学ぶことも意義があります。

今回は、

部下の人たちが考える「理想の上司像」について考えていきましょう。

部下の人たちは、理想としてどんな上司像を描いているのでしょうか?

 

理想のリーダー像についての調査記録を見てみると、部下の求める理想の上司の資質が浮かび上がってきます。

 

まず、どの調査結果を見ても上位に挙がっているのが、「上司の誠実さ」です。

部下が上司の誠実さを求めていることは、自分には「弱さを見せ合える組織が強い組織である」ということと繋がっていると思えてなりません。

 

なぜなら、上司が取り組んでいることがうまくいかないとき、上司として「無能」を恐れるのか、「不実」であることを恐れるのか、が強い組織を創るポイントになるからです。

 

自分もそうでしたが、経営者や上司にとって「無能」と評されることは最も恥ずかしいと感じることです。

 

しかし、部下の人たちが望んでいることが「上司の誠実さ」であれば、言いつくろう必要なく、正直に現状を語ることが必要とされているのではないでしょうか?

 

つくろわず、赤裸々に部下に現状を話すことは本当に覚悟がいることです。

自分もまだ出来ているかと問われれば、「修行中」と言わざるをえません。

 

やはり「有能」と思われたい気持ちがありますし、自分でも「有能」と思いたいものです。

しかし部下に期待されていることは、上司の「有能さ」よりも「誠実さ」が上位であるということを肝に銘じなければなりません。

そして次に部下が上司に期待する資質が「前向き」であるということ、
その後「わくわくさせてくれる」「有能」であるということを常に頭の片隅に置いて部下と接するようにしてください。

 

 

 

 

 

 

中小企業の社長1000人が読んでいるメールセミナー!

中小企業の社長1000人が読んでいるメールセミナー!

中小企業の経営のヒントは、やっぱり中小企業から学ぶ事。経営の話や仕事の広がりなどについて、具体例満載であなたにお届けします。
メルマガを読む時間がない!という方のために合わせて音声も配信しています。