肯定的な質問の繰り返しで「脳の空白化」を生むことが組織力を作る

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

経営者の目指す「組織力の構築」には、社内の人間の「質の高い関係性」が必須です。

今回は、「対話」をうまく運ぶヒントについてお伝えいたします。

 

まずは「質問」の概念を変えました。これまでは自分が判断をするためのその材料集めのために「質問」をしていました。

 

それを相手が考えるための質問をするように心がけました。また、その質問も「肯定的な質問」をするようにしました。

 

例えば部下が失敗してしまい、落ち込んでいるときの質問で考えてみまましょう。

 

「なぜ失敗したのだ?」と質問して原因を追究しようとすると、当然意識は失敗の原因を探しにいきます。

そうなると部下は「うまくいかなかった理由」ばかりを考えるようになります。原因追及はもちろん不要ではありませんが、その原因に浸っている限り前に進むことは出来ません。

 

反対に「その時、どうすれば上手くいっていたと思う?」と質問したとしましょう。すると相手は「うまくいく方法」に焦点を当てて考えるようになります。少しは前向きな気持ちを作り出すことが出来るので、立ち直る良いきっかけになる可能性が出てきます。

 

実は質問にはとてもパワーがあるのです。質問の内容で「対話」は随分と変わります。

 

質問の持つパワーとは、「質問は「脳の空白化」を作り出すものであること」が大きなポイントになります。脳は空白化を嫌うので、それを埋めようと懸命に動くということなのです。

 

例えば「自分にはどんな職業が向いているのか?」と問われると、すぐには答えが分からないのでそこから考え出します。「わからない」状態を脳は嫌います。だから答えを見つけようと、潜在意識も使って懸命に働こうとします。

 

潜在意識は夜、寝ている間も活動をしています。それこそずっと考えているのです。

スキーをしている時に「転ばないように、転ばないように」と考えすぎているせいで、スキー本来の滑る楽しさを忘れてしまい、本末転倒になってしまうことがあります。

 

これもその事例の一つで、「どうすれば健全な挑戦が行えるようになる組織風土を形成できるのか?」という問いが自分の中に入っており、、無意識にも考え続けていたからこそ浮かんだ考えだと思います。

 

人の安全志向は本能的なものなのです。よく言われるような「ワクワク感を持ちましょう!」というのは、上手なリードをしていかないと形成しづらいものです。「・・・だから・・・」という風に仮説形成に進んでいくのだと思います。

 

これが「質問のパワー」です!

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました