中小企業の業績を伸ばすために私が大切にしている2つのこと

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

近年、「コンサルタント」という仕事をされる方も随分増えてきました。

コンサルを行うには、豊富な経験と知識、それに顧客にあわせた提案ができる力が必須だと思っています。

ところが、その一方で、

気休め程度のアドバイスをし、高額な報酬をとる奴!

と言った、悪い印象をもっている方もとてもたくさんいらっしゃいます。

私自身、事業が厳しい時には、助けを求めるような気持ちで、様々なコンサル会社のサービスを利用してきました。

様々な指摘・提案を受けてきましたが、確かに「その場凌ぎ的」だと感じることもありました。

けれども、とても苦しい状況の時には、たくさんのことが学べます。

そして、

私自身も社長という自分で作り上げた概念を捨てて、学び実践していったところ、何とか盛り返すことができました。

私の様な苦しい経験は、中小企業の方々には絶対にして欲しくないし、私のこの苦い経験が活かせるのならという想いでコンサル業務も行う様になったのです。

私が考えるコンサル業務は、

Check!

改善までに多少の時間を要しても普遍的な策を提案する

どんどん伸びていく会社となる土台を作る

 

これがとても重要だと考えています。

私がそう考え、実際にどの様なことをしているのか、このあと詳しく見ていきたいと思います。

 

本当は全く違う!中小企業経営者のイメージ

一般的に世間の抱く中小企業経営者に対するイメージは…

  • ワンマン経営者
  • 少し傲慢・自分勝手
  • 経費と称して飲み食いをしている

こんなところではないでしょうか。

しかし、社長の成り立ちを考えてみると、そんなに強くもないし、ワガママなんてできないのです。

会社を一から作るというのは、リスクも大きい上に、多大な努力を要します。

それでも、自社のものとして、商品・サービスを絶対に伝えたいんだ!という方が社長になるのです。

来年には、地域に競合他社が参入してくるかもしれません。

何があっても従業員に支払う給与は確保しなくてはいけません。

そんな事を考えると、突然、不安になることもあるのが社長なのです。

Check!
こちらのメルマガでは、お寿司屋さんを例に
社長の心理に迫る内容も発信しています。https://intartec.co.jp/ygm/service__trashed/mail-moushikomi/

 

 

ですから、一見、偉そうに見えるかもしれませんが、

実際の経営者像は「世間が思っているより大変だし、ほとんどの経営者が真面目に取り組んでいる」というものだと思います。

ところが、多くの社長は

「苦労している所を見られたくない」とか「従業員に余計な心配をかけさせたくない」と考え、

辛い状況をできるだけ見せないようにされているのです。

私もその様な気持ちで仕事をしていたこともありますから、そのお気持ちも十分に分かります。

だからこそ、一生懸命に事業に取り組んでおられる中小企業の経営者のお役に立ちたいという想いがあるのです。

 

長らく、中小企業の経営をし、お客様の会社経営にも関わってきたためでしょうか。

これは自分の「使命」の様に感じるのです。

 

「中小企業に勤めるか?」「大企業に勤めるか?」悩める社会にしたい!

また、中小企業に勤務する従業員の方にも伝えたいものがありました。

就職する際には、「中小企業に勤めるか?」「大企業に勤めるか?」悩める社会にしたいという願いがあります。

収入や待遇面をメインにすると大企業の方が圧倒的に有利かもしれません。

さらに、これまでは大企業だと安定している(これからは大きく変わると思いますが)という風潮がありましたが、次の点も踏まえて、見るとどうでしょうか。

1. 「長期的に能力の発揮ができるか?」
2. 「やりたいことができるか?」
3. 「社会貢献ができるか?」
4. 「やりがいが実感できるか?」
5. 「自身の自信形成につながるか?」

確かに、大企業でもこれらの事が満たされることもありますが、規模が大きすぎるために人手不足を補うかの様に配属先が決まることもあります。

例えば、大学で化学の研究をしてきたけれども、営業に配属されてしまった…というような声はたくさん耳にします。

一方、中小企業の場合、規模が小さいために、採用を募集する際には、どんな仕事をするのか?まで明確にしています。

それが、自分のしたいこととピッタリと重なれば、上の1〜5は満たされそうです。

 

ですから、私はどうしても大企業より資金力が弱くなりがちな中小企業のお金も守りながら、これからの世代の方々が「自身の自信形成につながる」と確信できる職場作りを目指しているのです。

「月曜日、出勤するのが楽しみだ!」

と感じられる職場ができれば、必ず業績は上がっていきます。

これまでにも、様々な会社で、売り上げを伸ばすことより、職場の雰囲気を改善することに注力してきましたが、私が関わった会社の100%が職場の雰囲気が変わり、数字を伸びてきました。

そして、SNSを上手に活用しよう!などと言う様に、時代に合わせて変化させる必要もありません。

「人は楽しくなれば、アイディアも豊富になり、行動力も高まる」というのは、普遍的なものですから。

 

「なぜ、職場の雰囲気が変わると数字が伸びるのか?」

これは、担任の先生との関わりを思い出していただくととても分かりやすいはずです。

Check!
理科の先生が好きだったから理科が好きになって成績があがった

 

きっとこれと似た様な経験をあなたもしたことがあるのではないでしょうか。

こうして考えてみると、中小企業が職場の雰囲気・文化を上手に作り、活用することができれば、大企業にない良さを存分に発揮できるのが、当然の社会にできると信じています。

Check!

こちらのページの下の方に中小企業の行動力が分かる写真を掲載しています。

https://intartec.co.jp/ygm/annai/

 

 

どんどん伸びていく会社の土台を基本に忠実に作る

私が使命だと感じているのは、「月曜日の出勤が楽しみな会社」を作ることです。

ところが、もう一つ重要なことは、社長はドキドキの日々の連続であるということです。

調子のいい日もあれば、突然、不安を感じる様な出来事にも遭遇します。

けれど、従業員には心配をかけたくない…

そう思って、一人で悩まれている社長がたくさんいらっしゃるのです。

私も、そうしたことに悩み、体まで悪くしてしまったことがあります。

ですから、中小企業の社長の精神的な支え、頭脳としての支えを時間の許す限り提供したいのです。

 

社長の気持ちが穏やかで、従業員は「月曜日が楽しみ」となれば、それは、どんなに素晴らしいマーケティング手法よりも効果は大きく、普遍的であるのです。

この土台を基本に忠実に作るお手伝いをするというのも使命だと考えています。

 

流行り言葉は一瞬で認知を高めますが、すぐに忘れ去られてしまいます。

ところが、名著と呼ばれるものは、広まりはゆっくりですが、50年経った今も愛されている作品をたくさんあります。

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました