ドキドキしないジェットコースターはつまらない!「不安」を感じる代わりに「〇〇」を入れよう!

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

「組織力の構築」は中小企業経営者の目指す方向です。

今回は、「組織力の構築」について、一般的に人が感じている「損得」「不安・希望」「ネガティブ・ポジティブ」といった観点から考えてみましょう。

 

人が感じる「損得」「不安・希望」「ネガティブ・ポジティブ」

自分は金融資産の運用相談に乗るという業務も行っていますが、運用成果を見るときによく感じるのが、「人は「100円の損」の方が、「100円の得」よりも強く感じる」ということです。

自分は会議のファシリテートをする際に、その感覚を味方にするという運営手法を利用することがあります。

 

例えば、「理想の会社・サービスを考えましょう!」というテーマで会議を進めると、始めの方は発言が続かないことが少なくありません。

 

しかし
「どんな会社・サービスは最低もしくは嫌ですか?」
と問うと、例外なくほぼ全員が発言します。すなわち議論のアプローチがしやすいのです。

 

そしてこの質問によってたたき台ができるため、
「この裏返しが理想の会社・サービスですか?」
との問いがより議論が促進させるということを何度も経験しています。

 

すなわち「損の方が得よりも印象に残る」

そして「ポジティブよりネガティブな方が印象に残る」

という思考習性が人間にあると思います。

 

それだけに人は将来の見えないことを「不安」と感じて、それを埋めることにエネルギーをかけるというプロセスに流れます。なぜならこれが人間本来の習い性にあっているからなのです。

 

不安が消えないならば、違う思考プロセスを持とう

この「不安の解消」アプローチは、どこまで行っても根源的な不安感の解消にはつながらず、一つ解消すればまた次の不安が出てくるというパターンを繰り返してしまうものです。そのため、それとは違う思考プロセスを持つようにすることをお勧めしていますし、今、自分もそれをものにすべく取り組んでいます。

 

自分も長期間、この「不安の解消」プロセスで業務を進めてきましたので、いつまでももやもやが晴れず、しかもさらにそこに過去の成功体験に縛られるという体のため不安は増幅するばかりでした。

そうなると人からのアドバイスも素直には聞けず「やってどうなる」という思いに囚われます。結果が見えないことに対して長期的にエネルギーをかける事ができず「ダメダ・クソー」と嘆くだけの日々を過ごすことになりました。

 

そこで思考プロセスを変えることにしました。

 

将来の見えないことに対して「不安」を感じる代わりに「希望」を入れて、それを希望獲得・実現に取り組むという考え方です。

 

これは知人の渋谷浩一郎さんのブログの受け売りなのですが、すぐに腹落ちして「なるほど、そうか」と感じられたので、ものにすべく取り組んでいます。

 

渋谷浩一郎さんのブログ記事はコチラ↓

https://kosodate-shibuya.net/otonanojinsei/seikou

 

中小企業経営というものは見えないことが多く、しかも結果が出なければ社内外の批判・突き上げを受けるものです。結果として、経営者はどうしても「不安の解消」に流れます。

 

時と場合においては必要な考え方なので全否定はしませんが、この感覚を修正していかないと段々と経営者のエネルギーが低下していきます。これは自分の経験からして間違いありません。

 

こうなると会社の活力・成長予感といったものが薄らいできます。

 

そしてその閉塞感を払拭すべくマーケティング・営業・採用それぞれの場面で「大物狙い」で臨むようになり、結果、会社や業務がさらに高ストレス体となります。

 

ここで結果が伴わないと一気に組織が瓦解します。そうなると「不安が顕在化」してきますので、余計に業務にまっすぐエネルギーをかけにくくなっていきます。

 

だからこそ、将来の見えないところに「希望の獲得」というピースを入れてほしいのです。

 

実は自分がこれを強く感じたのが「スキー」をやっていた時です。

 

スキーは滑ること・スピードの出ることが面白いのに、「ケガをすればどうしよう?」と考えすぎると「スピードが出ないように転ばないように」とばかり考え、スキー本来の醍醐味を味わえなくなっていることに気が付いたのです。遊びでやっているスキーでもこの感覚か?と唖然としました。

これはかなり意識しないと不安対処にながれるぞ・・・普通に考えると「先が見えない、上手くいかなければどうしよう?」となります。しかしそれを「先が見えないどきどきする。でもやってみたい、やってやるぞ!」と考えるのが希望獲得に基づく思考プロセスです。

 

このアプローチを続けていると精神的な免疫機能も向上しますし「ドキドキしないジェットコースターなんてつまらない」という思考構造になり、必要以上に見えない事を恐れなくなります。

それが経営者の精神衛生に良い影響を与えるのではと思います。

 

経営者が「不安の解消」にエネルギーを向けてはいけない最大の理由

経営者が必要以上に「不安の解消」にエネルギーを向けていると、一番の懸念が「失敗」を恐れる組織風土が形成されることになるというところです。

 

この「関係性の質」の低下は「思考」や「行動」の質の低下を招きます。すなわち、いざ失敗が起きた時に失敗を隠すようになりますし、失敗のダメージが大きすぎて失敗から学ぶという事がなされません。

 

そうしますと新しいことに挑戦することがただの「苦行」になってしまい、当然、成長が見えづらくなり、閉塞感にとらわれるようになってさらに悪循環にはまります。

 

こうならないためにも、

経営者には将来の見通せないところにこそ「希望」の旗印を掲げて取り組んでほしいのです。

 

そしてその「希望」を支えるのは、「理念」や経営者自身の「価値観」との整合性です。

 

併せてこの感覚が習い性になるぐらい日常的に意識して取り組んでいくことで、「よし、やってみよう!」という意識が社内に浸透していくようになります。

 

結果としてこれが、戦略業務を遂行できる「組織力の構築」につながっていくのはないでしょうか。

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました