若手が伸び伸びと能力を発揮できるようになる、上司の「助言力」とは

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

人が幸せに働き続けるために必要な「自己認識」「自己開示」「自己表現」「自己実現」「自己効力感」の5つの段階のうち、「自己表現」には「外部からの助言」が重要となります。

前回のブログでは、3つ目の段階、「自己表現」について考えました。

社員の主体性を引き出すために必要なプロセスとは?
人が幸せに働き続けるためには、「自己認識」「自己開示」「自己表現」「自己実現」「自己効力感」の5つの段階が必要となります。 今回は、そのうち3つ目の段階、「自己表現」について考えていきましょう。 「自己表...

 

今回は、この結果を左右する「助言力」について考えてみましょう。

 

あなたに質問です。

「もしあなたが助言を必要としているなら、どんな人に助言を求めますか?」

まず重要視されるのは、その人の持つ信頼感ではないでしょうか?「関係力」「業務力」「説明力」の観点から見て、信頼感の優れている人には人は助言を仰ぎたくなるものです。

 

ただご自身を振り返り、「自分はそんな能力には優れていない・・・」と落ち込む必要はないのです。その場合は、助言を必要とする人と「一緒に考える」「相手の考えの整理を手伝う」といったスタンスで十分に対応できるからです。

 

上記の場合の業務主体者は若手を想定していますが、大切なのは「若手の不安を取り除く」「若手に安心感を与える」ことです

このスタンスに立ち、若手の心を軽くするよう努力することが肝要です。

「自己表現」の段階では、あくまでも業務主体者である「本人が起案を行い、外部からの助言をもらうというプロセス」で業務を進めることが有効になります。

 

主体者が起案者になるように業務を進めることで、当事者感の醸成につながっていきます。

 

その上で上司の方が「助言力」を持って、業務主体者の不安を取り除く。そして安心感を与えられれば、若手は伸び伸びと個々の能力を発揮できます

それが結果として、会社全体の士気の向上にもつながっていくのです。

 

最後のポイントとして、成果設定についての話し合いについてはしっかり意見をすり合わせるようにしましょう!この部分がこのシステムを回す上、一つの関所になります。

 

(参照 「ティール組織」 著者 フレデリック・ラルー)

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました