業務遂行のために、外部資源の活用法を社内にも取り入れよう

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

業務の遂行には、内部資源を活用する方法外部資源を活用する方法があります。
今回は、2つの活用方法についてご紹介します。

内部資源と外部資源を活用する方法

今まで自分は何でも自前主義で行ってきました。
新卒者を採用・育成し、市場を組織で開拓する…といったやり方です。

この方法が単純に間違っていたとは思いません。
ただし、自前主義が故に陥るのが、運営者・業務従事者の限界や得意なことへの配慮を怠りがちになるという点です。

一言でいうと、部下に無理をさせてしまうということです。

たとえば、外注さんなら「この業務をこの設備を使って、このやり方でお願いします。」という業務依頼をします。当然この外注さんは何が得意なのかを見極めてから依頼するので、今のスペックや特徴を前提に業務出しができます。

新卒採用したプロパー社員ではどうでしょうか?

今のスペックを前提にせず、この業務を通じてスキル・スペックをあげて成長しろ…という業務の出し方になりがちです(自分がそうでした)。

もちろんそれで伸びる社員・スタッフもいるでしょう。事実そうでしたが、ここで上手くいくと歯止めがかからずに、簡単に「Do More症候群」(もっと、もっと)に陥る危険性が高まるのです。

今の得意なこと、能力や気質からみての業務適性と、将来からみての必要な能力やメンタル特性とを、どう整合させるか丁寧に見ていく必要があることを忘れてはなりません。

自分はそのことに外部からのボランティアを含む協力者の方々から気づかせていただきました。

 

ここに一つの業務展開のヒントがあるのでは?

業務展開を図るためには「外部資源の活用」「内部資源の活用」があります。

自分は今まで自前主義で業務展開を行ってきましたが、最近は様々な機会で外部の協力者の方々と仕事を進めるようになってきました。

水戸黄門でいうところの「助さん」「格さん」の活用のみだったのが、「風車の弥七」を使い出したといったところです。

「風車の弥七」は水戸黄門一行が困ったところで出現する、「スーパー外注」といった立ち位置です。

 

外部資源の活用の特に良い点としては、業務完遂を前提に、その遂行可能性の高い人材をアサインできるところが挙げられます。
業務に必要なスペックを明確にしてから業務をお願いするので、機能重視でやり取りできます。

自分はこのことから、内部資源の活用(社員活用)においても、同じように業務に必要なスペック本人適性との照合をしっかり行うようにしました。

判断に迷ったら外部の健全なサードパーティーを活用しよう

今まではこのステップを希望的観測大盛りで行ってきていました。
確かにハイポテンシャルな人材なら遂行可能性は追及できますが、そこの見極め観点が悪くいうと甘かったように思います。

特に手塩にかけたプロパー社員への「思い入れ」「今できること」「今後担ってほしいこと」峻別は不可欠です。

主観と客観との整合性をどうとるか?

判断に迷われたら外部の健全なサードパーティーを活用するのも一つの方法と思います。

業務遂行において気づかなかった部分に気づくきっかけになるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました