外部資源の有効活用には、相手が働きたいと思う環境を提供しよう

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

組織力の構築のため、外部資源を活用することはよくあることです。

今回は、この「外部資源の有効活用」について考えていきましょう。

自分が「外部資源」や「内部資源」について、どうしても皆さんにお伝えしたいことがあります。それが「外部資源の有効活用」です。

と申しますのも、【水戸黄門経営実践会】をボランティアスタッフで運営していることは、実は苦肉の策だったのです。退職者が立て続き、自前で社員の調達ができなくなったからこそなのです。

そうしたときに本当に気持ち良く手伝いをしていただける方々に恵まれたのは、ラッキーとしか言いようがありません。

しかし、あえて言うなら「気持ちよくお手伝いいただける業務」「相手の方が遂行することで何らかの経験値が積みあがる業務」をこちらがご用意すれば…という観点をもらえたという意味でも、この経験はとても意義のあるものでした。

中小企業の場合、どうしても「内部経営資源」だけでは厚みがなく対応できることも限られてしまいます

その際に「外部資源の有効活用」が視野に入ってくると、ビジネスチャンスはぐっと広がります。メーカーにおける外注・サプライヤー活用、販売における代理店活用、などはその代表選手ですが、それ以外でも知恵を絞れば外部資源の有効活用はあるのではと思っています。

特に、雇用機会や就労機会に制約条件のある、子育て中の主婦の方々等資源の塊・宝庫だと思っています。


自分のこの2年の活動はそういった「外部資源の有効活用」を実証した機会であったと認識しています。

せっかくの機会と経験を得ることができたので、これを再現性・展開性のあるように組み上げたいと考えています。
手掛ける事業領域もそれなりに見当をつけています。

経緯報告はこのブログでも報告いたします。

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました