上司の心の持ちようで、部下のケアレスミスは減らせる

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

全社的な「組織の構築」を行い、戦略業務を効果的に遂行するにあたって、業務の妨げになるのが「ケアレスミス」です。

「ケアレスミス」が事業の機会損失につながることもあるため、できれば「ケアレスミス」の少ない職場にしたいという想いをお持ちではないでしょうか。

「ケアレスミス」はなぜ起こるのか?防ぐための考え方とは?

今回は、職場で起こってしまう「ケアレスミス」の心理的要因と、それを防ぐための考え方について考えてみましょう。

 

職場で起こるケアレスミスの多くは、職場の人間関係と密接に関連があると経験から実感しています。

 

自分の場合で考えた場合、部下との関係性が良くないときに限って、普段では考えられないようなミスを頻発します。職場での作業が「なんかやりにくいよなぁ」と感じているような時です。

ケアレスミスを起こしたその時々は「疲れのせいかもしれない」と思っていましたが、振り返って「何と関連があって起こしたミスなのか?」を考えてみると、職場の人間関係が大きく影響していることに気づきました。私の場合、部下との人間関係です。

 

上司(私)でさえそうなのですから、部下はこの影響が更に大きいに違いないと容易に想像がつきます。過去を振り返ってみても、上司(私)との関係性の良くない部下はケアレスミスを連発し、そこを上司(私)が叱責して更に関係性が悪くなる・・・そんな経験を何度も繰り返してきました。

 

部下にとって「苦手な上司」と作業するのと、「好意・尊敬を持つ上司」と作業を行うのとでは部下の作業効率に大きな違いが出るものです。

 

「苦手な上司」の前では萎縮してしまい、そこに「怒られるかもしれない」という緊張まで加われば、もともと備わっている実力を発揮するのは難しいでしょう。

 

反対に、「好意・尊敬を持つ上司」の前ではのびのびと実力を発揮しやすいと言えます。失敗をしても必要以上に叱責をされない、ミスをしても大丈夫というおおらかな雰囲気の中であれば、部下は思い切ったことにも挑戦できるものです。

 

もし、部下のケアレスミスが続くことに上司として気づかれたなら、彼/彼女を「取り巻く人間関係」はどうなのかという観点から注意することをお願いしたいと思います。

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました