「1on1ミーティング」を効率よく組織の発展につなげるために

マネジメント(管理)
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

業務に取り組む人間の「仕事の意味づけ」が自発的な「ミーニングフル」な状態になり、それを全社的に行えるようになると、組織の発展が見込めるとお伝えしました。

先回のブログはコチラ

404 NOT FOUND | 水戸黄門経営のすすめ
株式会社インターテック|社員と経営者の心を’つなぐ‘共創経営

 

「ミーニングフル」を社員全員が実現するという組織志向になれば、私の提唱する理想的な組織運営「水戸黄門経営」にもつながっていきます。

 

この「ミーニングフル」を実現するための有効手段が「1on1ミーティング」です。

今回はこの「1on1ミーティング」の機会をうまく捉え、組織として「ミーニングフル」を実現するために注意すべきポイントをお伝えします。

 

「1on1ミーティング」という言葉を聞かれることは多くなっていると思います。また「1on1ミーティング」にすでに社内で取り組んでいるという企業様も多いのではないでしょうか。

 

しかし、この「1on1ミーティング」という機会を上手に捉え、運用できている企業様は少ないと言えます。

 

うまく運用できていない最大の原因、それは「1on1ミーティング」を上司の人が部下の方との「1対1の面談」と捉えてしまっていることに起因していると思います。

それゆえ「1on1ミーティング」が本来の意義を失い、業務の仕方や進捗・業績確認を丁寧に確認する場になってしまっている例が多いです。(中には「説教の場」となっているという報告も聞きます・・・)

 

「1on1ミーティング」を効率的に運用するポイントは、「1on1ミーティング」で扱う対象は「業務」ではなく「相手そのもの」であることを認識することです

 

内容も部下の方への指導や確認ではなく、「相手の内省」を促したり、「仕事の意味づけ」をしっかりと捉える場とするなど、「1on1ミーティング」を行う側である上司の人の「認識の徹底」と「訓練」が重要です。

 

特に精神的な支援、心の支え、感情のケアを行う必要があることも念頭においておく必要があります。

 

また、運用自体を上司に任せっきりにした結果、我流で行ってしまっていることが多く散見されます。

 

それも「1on1ミーティング」のパフォーマンスに影響していると言われています。

 

「1on1ミーティング」の運用をする際は、上司の人が効果的に運用できるように会社として最低限の訓練を施すことも重要になります

 

「1on1ミーティング」を会社に取り入れる時には、まずは運用するための最低限の訓練を会社が準備して、上司の人が効果的に行えるように訓練を施すようにしましょう。

 

そして「1on1ミーティング」の運用が効果的に行える状態になったら、部下の方へ「1on1ミーティング」を行い、「ミーニングフル」な状況を全社に作り出していけるようになります。

 

効果的な「1on1ミーティング」を一人一人の部下の方へ根気よく行なっていくことで、全社的に「ミーニングフル」な状態になっていきます。

 

それが結果として「水戸黄門経営」の理想とする組織志向の実現につながります。

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
マネジメント(管理)
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました