営業マンなんてつまらない?!【知人にバカにされました】

営業のノウハウ
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

先日、中小企業の若手の方と話をしている時に次の様な言葉を聞きました。

営業の仕事をしていますが、まだ大きな成果を出すことができません。そんな話を知人にしたところ、「まぁまぁ名の通った大学を卒業しておいて営業?専門的なことを勉強してきたのに、全部無駄じゃないの?そんなに悩むのなら辞めたらいいじゃない。」と言われました。
知人の言いたいことも分かりますが、バカにされた様で悔しいです。でも、何も言い返すこともできなかった自分に腹も立ちました。

きっと同じ様なことをあなたも何度か感じたことがあると思います。

不思議なのは、営業マンとして成果が出せているときは、何を言われても気にならないのですが、成果が出ていない時は、ちょっとした言葉も気になってしまうものです。

そこで、ここでは、こんな考え方を紹介します。

営業マンに限らず全員が営業マンと同じことをしている!

ということです。

どういうことか詳しく解説します。

 

営業マンという仕事が時々バカにされる理由

私自身、30年以上、「営業」に関わってきました。

ですから、どんな時にバカにされ、どんな時に尊敬されるのかは、痛いほど良く分かっています。

一般的には「とにかくものを売る人」というイメージ

自己紹介などで、「〇〇車の営業をしています」なんていう方がいると、その場の空気が、「あぁ残念」という雰囲気になることがあります。

反対に、「〇〇病院でドクターをしています」なんて言う人がいると、それだけで「凄い!」という雰囲気になります。

この違いは、結局は、

営業マンはとにかくものを売りつける人というイメージが強い

からだと思います。

誰だってものを売りつけられるのは好きではありませんから、営業に対して良いイメージは持ちにくいのは当然です。

また、売りつけの典型的な例を見てみましょう。

 

売りつけてないふりをして逃げ場を無くす営業トーク

社員
営業マン

営業って仕事はものを売る仕事じゃないですよ。

お客様の悩みを解決するのが仕事ですから、私から何かを買って欲しいという様な話をすることはまずありませんよ。

この様に言われる営業マンは多いですが、いざ、彼らの話を聞くと、非常にストーリーが良くできており、「話を断る隙がない」という様な場合も多々あります。

その時は、話を聞きながらテンションがあがり、契約書にサインはしたけれども、振り返ってみると不必要なことだと分かった。

こんなことを何度か経験した人は、もちろん「営業」に対するイメージは悪くなってしまいます。

残念ではありますが、社会的に営業のイメージが良くないというのは、全体に営業マンの質が悪いということでしょう。

営業という仕事が悪いのではなく、営業をしている人の全体レベルが低い。

少々、厳しい言い方になりますが、営業職がバカにされやすい理由はこういうことだと思います。

ところが、もうすこし広い視野で営業というものを見ていくと、様々な発見があります。

 

仕事ができる営業マンは「生き様=営業」だと必ず言います。

仕事ができる営業マンは決まって次の様なことを言います。

  • 「あなたの生き様=営業」である。
  • 商品を売り込むのではなく、自分を売り込め!

この言葉の意味を深く理解するには、なかなか難しいですが、とても重要なことです。

そして、

人生に於いて営業マンでなくても誰もが営業をしながら生きている

ということも忘れてはいけません。

具体例を二つ挙げてみましょう。

 

専門職としてどこかの会社に就職する時

例えば、エンジニアとしてあなたがA社に就職したいとしましょう。

この時、エンジニアとしての必要な知識・技術をもっていることは当然大切ですが、必要な技術をもっているからと言って、就職できる自信はあるでしょうか。

面接に行くとなれば、「どうやって自分らしさを表現しよう?」と悩むはずです。

つまり、自分を売り込むことを就職をする時に誰もが必ずやっているのです。

 

結婚をする時にも思い切り自分を売り込んでいる。

誰かと結婚をしようとする時、誰もが自分を売り込みます。

就職している会社が有名だとか、年収が多いとか…多々、条件が揃っているからと言って、素晴らしい相手と結婚できるとは限りません。

やはり、自分の魅力を存分にアピールする必要があります。

 

ここでは2つの事例を挙げてみましたが、人は誰でも自分らしさを様々なところで出しながら日々の生活を送っていますから、私は全員が「人生の営業マン」だと思っています

 

素晴らしい仕事かつまらない仕事かは、すべて自分次第。

営業の世界には、「トップセールスマン」なんて言葉がありますが、トップセールスマンが素晴らしいとは限りません。

今、ある会社でトップセールスマンとして、素晴らしい結果を出している人も私が研修を担当している頃は、「本当に大丈夫か?」なんて思ったことも何度もありました。

それでも彼は、自分らしさを表現することに力を注ぎ、勉強を続け、今では立派なセールスマンへと成長していきました。

「営業マンには、センスが必要」と言われることもありますが、もって生まれたセンスだけで、バンバン成果が出せる人なんて一人もいません。

ついつい営業マンは「結果」にフォーカスしがちですが、最も重要なのは、営業という仕事に誇りをもてるかどうか?というところです。

無理矢理、営業という仕事に誇りをもつ必要はありませんが、知人に営業という仕事をバカにされて、悔しく感じたのであれば、誰もが営業マンである生き方をしているということを念頭に入れて、研鑽に励んで欲しいと思うのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

本当は立派な職業、つまらない職業なんていうものは存在しません。

どんなことでも、「求められるということは素晴らしいことである」という事を忘れてはいけない気がします。

 

 

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
営業のノウハウ
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました