【コーチング・提案編】安心感・受容感の高まる活動をしていますか?

コーチング
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

人は安心感・受容感を感じてこそ、効力感の獲得につながる活動展開に取り組みます。そして、その効果を高めるべくセルフコントロールをして自己信頼(自信)を深め、外部に対しての「有用感」を感じていくというプロセスを踏みます。

 

「対人積極性」「向社会性」が育まれるのはそのような活動の先にあるといわれています。当然、企業活動においては「有用感」「対人積極性」「向社会性」といった個人のアウトプット活動を求めます。

 

そういった「安心感・受容感」の醸成にコーチング手法の活用が有効と先回のブログで報告しました。コーチングとは「聞く」「質問する」「承認する」「フィードバック」「提案」の5つの要素を使ってのコミュニケーションです。

 

初めに相手の話をしっかり「聞く」というところから組織風土の形成や信頼感・安心感・受容感の醸成をスタートさせていきましょう!とお伝えし、先回は「フィードバック」に焦点をあてて話を進めてきました。

「フィードバック」のブログ記事はコチラ

 

今日は「提案」についてみていきます。

提案とは自分の考えやアイデアを提示していくこととあらわされています。
例)「?したらどうですか?」「こんな考えどうだろう?」

 

コーチングにおける提案とは、

相手がノーアイデアの場合こちらがひらめいたことを提案する。

相手のさらなるひらめきを導いたり、次のステップとなり相手の主体性が増す。

・・・という効果があります。

 

コーチングにおける提案の重要性は以下の通りです。

? 可能性が広がる
? 相手の行動を生み出すきっかけとなる
? 気持ちが軽くなる

 

提案の流れについて大切なのは3つ

? 相手の考えを十分聞く
レストランに行ってまだメニューもみていないのに「今日は寒いので鍋物でもいかがでしょう?」と矢継ぎ早に提案された経験はないですか?自分の考えがはっきりしない前に提案をされてもそれはなかなか受け入れられませんし、場合によっては押し付けととられます。まず、相手はそうしたいと思っているのかを十分話させる必要があります。

 

? 提案が思いついたら相手の意見を否定せず許可を取る
相手の話を良く聞くと自然と提案は湧いてきます。
その時に「それは無理だからこうしたらどう?」「それもいいけどこっちを試した方がいいのでは?」というように相手の意見を否定した上でされる提案は相手にとってとても強い否定に聞こえます。
まずは相手の意見を否定せず「よく考えたね」「そういうアイデアを思いついたんだね」と受け取りましょう。
その後で「ところで僕の考えを話していい?」「私にも提案があるんだけど伝えてもいいかな?」とつなげると許可を取って伝えることで相手の聞き耳が広がります。

 

? 答えは相手に委ねる
「私だったら?するけど君はどう思う?」
「このやり方を試してみたらどうかな?勿論決めるのは君だよ」
と伝えましょう。
提案する目的は相手の視野を広げることです。
広がった視野から何を選択するかは相手に委ねましょう。
人は自分で選んだことに対しては自発的に動くことができます。

 

提案がうまくいかないときは、

? 相手を変えたいという思いが強いとき
? 「絶対!」「正しい!」という思いに突き動かされている時
? 相手の未来をシミュレーションしている時
? アイデアが次から次へと湧いてきて提案したくてたまらない時

 

提案するうえで気をつけることは、

? よく聞いたうえで提案する
? 自分の提案に固執しない
? 心に湧いてきたことを提案する
? 主体や決定権は相手にある

 

相手に対しての指導熱意がある時こそ、ついつい聞かれもしないのに「提案」「アドバイス」をしてしまします。それよりもまずは聞くことから始める。そして質問し、承認する。そのうえでフィードバックを行い、必要ならば提案するという流れで相手と接することをぜひ一度行なっていただきたいとおもいます。

 

出典 <共創コーチスクール テキスト>

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
コーチング
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました