【コーチング・承認編】「安心感・受容感」の高まる活動を展開していますか?

コーチング
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

人は安心感・受容感を感じてこそ、効力感の獲得につながる活動展開に取り組みます。そして、その効果を高めるべくセルフコントロールをして自己信頼(自信)を深め、外部に対しての「有用感」を感じていくというプロセスを踏みます。

 

「対人積極性」「向社会性」が育まれるのはそのような活動の先にあるといわれています。当然、企業活動においては「有用感」「対人積極性」「向社会性」といった個人のアウトプット活動を求めます。

 

そういった「安心感・受容感」の醸成にコーチング手法の活用が有効と先回のブログで報告しました。コーチングとは「聞く」「質問する」「承認する」「FB」「提案」の5つの要素を使ってのコミュニケーションです。

 

初めに相手の話をしっかり「聞く」というところから組織風土の形成や信頼感・安心感・受容感の醸成をスタートさせていきましょう!とお伝えし、先回は「質問する」に焦点をあてて話を進めてきました。

先回のブログ記事はコチラ

 

今日は「承認」についてみていきます。

承認とは「相手の存在を認め、それを伝える言動」です。

承認には以下の意味があります。

? 意欲を引きだす
? 行動を造りだす
? 不安をあんしんに変える
? 自尊心を上げる

 

承認というと「ほめることですよね」といわれる方が多くいます。
確かに「ほめる」ことが含まれていますがそれだけではありません。
承認には人が動く原動力となる関わり方の本質が隠されています。

 

「自尊心とはありのままの自己を尊重し受け入れる態度」といわれています。

そして自尊心を上げていくためには必要な事が二つあります。
? 他人から承認をもらう
? 自分自身で成果を出す

 

そのように自尊心や自信の形成には「承認」が不可欠です。

その承認には
「存在承認」「行為承認」「結果承認」があります。

 

それぞれを見ていきます。

「存在承認」とは「あなたが存在していることを認めているよ」ということです。相手の行動、存在に反応してあげることで関心がある事を示します。目が合ったときに少し顔をゆるめるだけでも承認になります。

 

「行為承認」とは「その行為をしている、それは認める」というものです。代表的なものが事実を伝える、です。「髪を切ったね」「挨拶の声が大きいね」など、見たままの事実を伝えることです。

 

「結果承認」とは結果に対して「認めることができるよ」と伝える承認です。代表的なものが「ほめる」です。しかし、業務が複雑になっている今、すぐに結果が出るということは稀有になっています。

 

また、結果があったとしても集団の中で結果承認を使うには注意が必要な時があります。本人に対してのプレッシャーになったり、まわりのやる気をそいだりすることがよくあります。

結果承認はインパクトがあり、効果もある分時には薬の副作用のように弊害をもたらすこともあることを肝に銘じて運用する必要があります。

「ちょくちょく承認が相手の自信になる!」

私たちはこれをやってよかったのか、これが正しかったのか、役に立ったのかなど、自分がやったことに対してどこか不安感を持ったまま先に進んでいることが多いのではと思います。
やったことに対して「それでいいんだよ!」とわかればどんどん前にすすむことができます。

 

不安を解消することがまちがいなく意欲を向上させます。
そういった意味で「存在承認」「行為承認」をベースに、時折「結果承認」をおりまぜながら相手の承認をすることを組織運営のベースにしている会社はとても強いです。

 

それでは承認の伝え方を見ていきます。

? 具体的に伝える
? 私メッセージを意識する
? 質問の形でもいい
? 間接承認
? 承認に+感謝、+気持ちを付け足す
? 短く一言で(10秒以内)
? よく観察して見えたことを承認する
? タイミングを逃さない
? 何度でも言っていい
? 相手のタイプに合わせた承認をする

出典 <共創コーチスクール テキスト>

 

是非、日常(職場・家庭)で承認パワーを活用してください!

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
コーチング
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました