【コーチング・フィードバック編】安心感・受容感の高まる活動をしていますか?

コーチング
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

人は安心感・受容感を感じてこそ、効力感の獲得につながる活動展開に取り組みます。そして、その効果を高めるべくセルフコントロールをして自己信頼(自信)を深め、外部に対しての「有用感」を感じていくというプロセスを踏みます。

 

「対人積極性」「向社会性」が育まれるのはそのような活動の先にあるといわれています。当然、企業活動においては「有用感」「対人積極性」「向社会性」といった個人のアウトプット活動を求めます。

 

そういった「安心感・受容感」の醸成にコーチング手法の活用が有効と先回のブログで報告しました。コーチングとは「聞く」「質問する」「承認する」「フィードバック」「提案」の5つの要素を使ってのコミュニケーションです。

 

初めに相手の話をしっかり「聞く」というところから組織風土の形成や信頼感・安心感・受容感の醸成をスタートさせていきましょう!とお伝えし、先回は「承認する」に焦点をあてて話を進めてきました。

「承認する」のブログ記事はコチラ

 

今日は「フィードバック」についてみていきます。

フィードバックとは「結果を原因側に戻すことで原因側を調節すること」とあらわされています。軍事用語として「砲弾の着弾点が目標からどれぐらいずれているかを射手に伝える」とも表記されています。

こちらが気づいたことで相手に役立つ情報を伝える

相手の気づき、行動変化(目標達成に向けて)

 

コーチングにおけるフィードバックのメリットは以下の通りです。

? 自分の状態について理解できる
? 止まっている状態に刺激を与える
? 自分のことを見てくれているという安心感につながる
? 相手との関係が深まる

 

承認とフィードバックの違いは

承     認: エネルギーが上がる  →自分にOKが出て次の行動につながる
フィードバック: 自己像がはっきりする →行動の選択肢が広がる・修正できる

 

次にフィードバックの代わりにやってしまうコミュニケーションをみていきます。

フィードバック VS 尋問
フィードバック VS 提案

 

フィードバックのスキルを見ていきましょう!

<LESSON?1>

? 客観的事実を伝える
見えている姿、聞こえている声、語られている内容などの客観的事実を伝える。評価判断を加えず、記述的に行う。

? 内容を踏まえた客観的事実
見えている姿、聞こえている声、語られている内容などを踏まえて、違う角度から見える客観的事実を伝える。

? 主観的感想を伝える
その人を見て・聞いてあなたが内側で感じたことを伝える。相手の言葉の裏から伝わってくることを伝える。

 

<LESSON?2>

? あなた(YOU)メッセージ・・「あなた」を主語にして伝える言い方
「(あなたは)かわいいね」
「(あなたは)よくやった」
「(あなたは)だめだ」

*相手を評価する言葉として受け止められがち。
言葉をそのまま受け止めるのに相手によっては抵抗(拒否)されることがある。

? 私(I)メッセージ・・「私」を主語にして伝える言い方
「(わたしは)うれしいよ」
「(わたしは)ほっとした」
「(わたしは)くやしい」
*気持ちを伝える言い方。自分がそう思うことなので、受け止めやすい。

 

<LESSON?3>

フィードバックの失敗について

? 相手に受け取る準備がないのに言ってしまう
? 的を得ているのだが言い方が悪くて受け取れない
? 伝えるタイミングが早すぎて混乱する
? 気づいたら自分が話をし続けている(話の主体者が変わっている)

 

それではフィードバックについてまとめてみます。

? 自分の気持ちを整える
? どうしたら相手が更によくなるだろうかという軸から伝える
? 今、ないしは未来に向けて伝える
? できるだけ率直に真実を伝える努力をする
? この瞬間で変化することは幻想
? 何度でも言っていい
? 相手へ投げたフィードバックは自分への鏡
? 愛を持って伝える(相手への敬意を忘れない)

 

何でもかんでもフィードバックしてしまう人がいますが、フィードバックが役立つ人と、余計なお世話になる人がいます。

フィードバックはもろ刃の刃です。ある人には聞きたくない事実だったかもしれません。相手の未来・目標達成に向けて必要な部分に対してフィードバックしましょう !

フィードバックを伝えるときは相手のために愛を持って伝えることが大切です!!

 

以上

出典 <共創コーチスクール テキスト>

タイトルとURLをコピーしました