【コーチング・聞く編】「安心感・受容感」の高まる活動を展開していますか?

コーチング
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

人は安心感・受容感を感じてこそ、効力感の獲得につながる活動展開に取り組みます。

 

そして、その効果を高めるべくセルフコントロールをして自己信頼(自信)を深め、外部に対しての「有用感」を感じていくというプロセスを踏みます。
「対人積極性」「向社会性」が育まれるのはそのような活動の先にあるといわれています。

 

企業活動においては「有用感」「対人積極性」「向社会性」といった個人のアウトプット活動を求めます。
当然、企業活動は、アウトプットで評価する為、
「使える・使えない」
「積極的・消極的」

といった「評価」が下ります。

 

そして、この「評価」に基づいて様々なFBがあるといった点が学生と社会人との相違点です。

属した組織での評価軸で評価される

組織が出す成果との相関項目・レベルが評価軸である

評価と心理的報酬・金銭的 報酬に連関がある

怖さにつながる

(目一杯やって低評価・低報酬なら自分が痛いので力を出さない)

すなわち、「評価」で傷つくのが嫌だから力を出さないといったことが起こってしまっています。

 

「評価」を組織も個人もうまく使いこなすことが仮説の軌道修正・PDCA展開の必要な要素にもかかわらず、「評価」を使いこなせていない企業や個人が大半と思います。

 

こういったことを起こさないためにも、組織を上げて「安心感・受容感」を個人がふんだんに感じるようにする必要があるのです。
何故なら、そのように「安心感・受容感」を得て、初めて「フィードバック」「評価」に向き合える環境が用意されるからです。

 

では、どうすればそのような「安心感・受容感」を感じてもらえるのでしょうか?
そのためには、個人が自分の話を十分聞いてもらったといった感覚を持てる活動展開が不可欠なのです。

 

コーチングを活用するのが効果的

そういった「安心感・受容感」の醸成にコーチング手法の活用が有効です。

「聞く」
「質問する」
「承認する」
「フィードバック」
「提案」

の5つの要素を使ってのコミュニケーションです。

 

通常、企業が持つコミュニケーションは「指導」「評価」といった形で「会社」「上司」のことを聞くことからスタートします。自分の話を聞いてもらうといったところからはスタートしません。
しかし、十分に相手の話を聞き、相手の才能に目を向けることをしないと「安心感・受容感」を感じないので社員はともすれば鬱屈感を持ちます。

 

あと企業・上司はともすれば、不安や恥意識をあおることで改善活動を迫る事が多くなりがちです。
「このまま予算未達だと、どうなるか解っているな?」
「このままだと昇格・昇進はないぞ!」

不安解消を迫ることによって確かに組織が動き出したりしますが、それでは長続きしません。
関わった者すべてが疲れてしまいます。

 

そうではなく、
個人の前向きなエネルギーを引き出す活動を展開していきます。
そのためにもまずは相手のことをしっかり聞きましょう!

人の話を聞くことは難しい


それではどうすれば人の話を聞けるようになるのでしょうか?

まず、第一に、なぜ人の話を聞けないのかを見ていきます。
人は聞くときに自分のパターンを持っています。

パターン?(自分基準タイプ)
・自分だったらこうするな
・この話おもいついた
・これ言いたい!
・もっとこうすればいいのに
・そういえば自分も・・・
パターン?(判断タイプ)
・つまらないな
・自分に必要のない話だな
・自分にとって大事な事だけ聞こう!
・自分に関係ないな
・話が下手だな
パターン?(把握不明タイプ)
・何を話すのだろう
・どんな言葉で返せばいいのだろう
・話していることがよくわからない
・うまく話が続くかな?
パターン?(対応不安タイプ)
・この人私に何を言いたいのだろう
・私にどうしてほしいのかな
・私のことどう思っているのかな?
・私はとてもこの人みたいにできない
・これ以上ききたくない

このようなパターンを持って人は話を聞くため、安心感や受容感につながる聞き方ができないのです。

 

安心感を作り出すための聞き方は、

?目線
?あいづち
?うなずき
?姿勢
?表情

に意識をすることです。そして、

?目的
?相手の自己基盤
?タイプ
?常識
?感情
?強み
?価値

といった視点を持って聞いていきます。

 

このようにして相手の話をしっかり聞くというところから組織風土の形成や信頼感・安心感・受容感の醸成がスタートします。ぜひここからスタートしていきましょう!

町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする
コーチング
町野 文孝をフォローする
水戸黄門経営のすすめ
タイトルとURLをコピーしました