【コーチング・価値】人が突き動かされる仕組みを知ろう

コーチング
町野 文孝

名古屋・岐阜・三重の地域の中小企業の組織作り、社員教育などをトータルにサポートするコンサルタント。30年以上、この活動を行っているが、倒産した会社は0。反対に関わった会社のほぼ100%が業績向上。そのためには、ノウハウも大事であるがそれ以上に、経営者・従業員の心意気が大切だと考える。支援している中小企業の従業員の方との交流も大切にしている。

町野 文孝をフォローする

人は安心感・受容感を感じてこそ、効力感の獲得につながる活動展開に取り組みます。そして、その効果を高めるべくセルフコントロールをして自己信頼(自信)を深め、外部に対しての「有用感」を感じていくというプロセスを踏みます。

 

「対人積極性」「向社会性」が育まれるのはそのような活動の先にあるといわれています。当然、企業活動においては「有用感」「対人積極性」「向社会性」といった個人のアウトプット活動を求めます。

 

そういった「安心感・受容感」の醸成にコーチング手法の活用が有効と先回のブログで報告しました。コーチングとは「聞く」「質問する」「承認する」「フィードバック」「提案」の5つの要素を使ってのコミュニケーションです。

 

先回は「人が行動を起こすメカニズム・自己基盤」に焦点をあてて、話しを進めました。

先回のブログ記事はコチラ

 

今回は「人が突き動かされる仕組みを知る」についてみていきます。

テーマは「価値」です。

人は誰でも自然と惹かれるものがあります。

 

「価値」・・まず人は、生まれながらにして変わらない「価値」というものがそれぞれに備わっています。

これには小さいころから努力せずにやれていたことがヒントになる事が多いです価値に沿った活動をしていると、時間を忘れて夢中になれる。結果はともかくプロセスが楽しいものです。

 

自分は職業としてなりたいものは特段ありませんでした。ただ、人に何かを伝えるのが好きでしたし、人前で話をするのも苦痛ではありませんでした。極端に上がったり、緊張したりする事はなかったです。
どちらかというと「よーし、やってやる!」と思えたのです。

 

今、私は「水戸黄門経営サポートサービス」を中小企業の経営者の方々に提供するということを仕事にしております。これは自分の「価値」・・人に影響を与える・・ということに根差しています。

 

ここは「コーチング」をうけ、考え・気づいた事がベースになっています。すなわち、自分の経験したことを伝えることで人々が良い方向に触発されていくことが喜びだと認識したのです。

 

人に活力を与えたり、生きるエネルギーを与えるのが自分にとってとても良い刺激となるのです。どういった事がそのような活動になるのかと考えた結果が「水戸黄門経営サポートサービス」なのです。

 

今までの人生で最もエネルギーを割いてきた「中小企業経営者」としての少しの成功とたくさんの失敗・・ここから学んだものを伝える事で中小企業経営者のお役にたちたい・・これだと思ったわけです。

 

それまでも保険・金融商品の提供者として、中小企業経営者の方々に「つぶれない会社づくり」のコンセプトをもとに30年にわたって活動を展開してきました。

 

そして、現在はそこにプラスして「いきいきとした会社づくり」をコンセプトにしたサービス提供を行っています。

 

同じように人に会い、情報発信していくうえでも、自分の「価値」にもとづいた活動は周りからの評価も高く、パワフルです。

 

私たちは小さいころから価値の存在に進む道を影響されています。
価値を表現したいと自然にその方向性を目指しているものです。

 

しかし

仕事内容や家庭環境によっては価値を表現できない、逆方向に進んでいたりすることもあります。そうなると価値のエネルギーを使えません。

 

価値が発揮できないと車でいうとアクセルを踏んでブレーキも踏むような感覚になります。それが悩みとなったり問題行動といった形になってあらわれることがあります。

逆説的にいうと悩みや大きな問題にはその裏に価値が隠れていることがあります。価値が発揮されたいと願っているのかもしれません。

 

行動や活動が価値を表現しているものかどうかはパフォーマンスの多大な影響を与えます。

 

是非、自分の「価値」をしっかりと把握しましょう!

 

以上

出典 <共創コーチスクール テキスト>

タイトルとURLをコピーしました