社員教育

社員教育

部下に対してダブルバインドしていない?【ダブルバインドとは】

社内では通常上下関係があり、時には上の立場の人が部下に対して「ダブルバインド」してしまっているケースを多々見かけます。聞き慣れない言葉かもしれませんが、ダブルバインドとは何かを知って、意識的に気をつけるだけでも、人間関係はかなり改善されます。参考にしてください。
社員教育

【経営者の方へ】優秀な人材が求めているのは厳しさである。

優秀な人材を確保するために、経営者は「良い条件」を準備しようとします。ところが、近年の若者は、働きやすい(緩い)環境に問題があると考える人も増えてきました。なぜ、彼らは厳しい環境を求めようとしているのか、解説しました。
社員教育

【若手の方へ】会社の上下関係を意識した接し方とは?

働く時にかなり重視されるのが社内の人間関係。特に上下関係には明確なルールがないために、距離感が難しいと感じる人も多いのが現状です。徹底して上下関係を意識するのか?時には、フランクに接する方がいいのか?私自身の経験を整理してみました。
社員教育

社員教育をする時にはロジカルな考え方が最適か?

社員教育、特に若手を教育するのはロジカルな方がいいのか?精神論的な要素も大事にした方がいいのか?意見が分かれるところですが、ロジカルにだけ傾くといい結果はうまれません。その理由を様々な事例を挙げながら解説しました。
社員教育

中小企業経営者が考えるベストなデータ分析方法【極めてシンプル】

会社経営を戦略的に行うには、データを分析することが大切です。ただ、中小企業の場合は、そのデータ分析方法を学ぶより「自分たちで分析をしてみる」方が、圧倒的に効果が高いと実感しています。どういうことか詳しく解説しました。
社員教育

経営者・上司はどうあるべきか?【箱根駅伝・駿河台大学から学ぶ】

中小企業の会社経営は、様々んなところが学ぶことができます。2022年の箱根駅伝に初出場した駿河台大学のチームの変容から学べることをまとめました。参考にしてみてください。
社員教育

【今時の若者の思考】社員教育を進める上で知っておきたいこと

「今時の若者は何を考えているのか分からない」よくない意味で、この様なことが言われることがあります。 もちろん、私たちと育った環境も受けた教育も大きく違うために、全く考え方が違うなぁと感じることは多々ありますが、 今時の若者の様子を見て嘆い...
社員教育

社員が全然変わろうとしない!そんな時に取り組みたいこと

感染症の問題で、大企業だけに限らず、私たち中小企業も「何らかの変化」に迫られています。 その変化は、業種によって異なりますが、確かに言えることは、 これまで全く同じことをしていては、今後を乗り切ることはできない ということです。 未来のこ...
社員教育

【人材育成のコツ】従来の考え方を捨てて若手が教える場を作る

人材育成の悩みは尽きないものです。今回は、高学歴の若手が「今の仕事に自分の専門性が活かせない」と感じている時にどの様に対応すべきか、一つの方法を紹介しました。従来ある考え方と違った方法の良さを感じて欲しいと思います。
社員教育

社員教育はどこまでするのか?【人で差別化できるまで目指そう】

社員教育にゴールというものはありませんが、それでも一旦、目指すところは定めておきたいものです。私は「他社と比較した時に人で差別化ができるまで目指そう」とお伝えしています。では、何を大切にすれば、他社と比較した時に差別化できるのか?具体例を挙げながら解説しました。
タイトルとURLをコピーしました