「水戸黄門経営9か条」メールセミナー

社員であれ、家族であっても

コニュニケーションが重要。

そんなことは十分に分かっているんだ。


あなたも「ちょっとしたすれ違いによって、大変なことになってしまった…。」

「あの時、ちゃんと伝えておけば良かった…。」なんていうことはあるはずです。

そして、問題を振り返り、コミュニケーションは重要だと言います。

ですから、書店に行けば、コミュニケーションに関連する本が山ほどあり、コミュニケーションに関するセミナーも各地で開催されているのでしょう。

また、コミュニケーションツールは、フェイスブック・ライン・ツイッターなど…私たちが子どもだった頃では考えらないほどの進化をし、豊かになってきているのですが…

 

あなたは近年、多くの人が

コミュニケーションを楽しんでいると感じますか?


これまで、2,000人以上、10,000回以上、経営に関わる方々と話をしてきました。

そこで、必ず話題として挙がってくるのが、

コミュニケーションがうまくいかない。

ホウレンソウが徹底しないために手遅れになってしまう。

意志確認が不十分だったのかもしれない。

ということ。

学ぶ環境もあり、こうすれば上手くいくというノウハウや事例もたくさんあり、ツールも整っているのになぜ?

一体、何が足りないのでしょう?

 

結局のところ、赤ちゃんではないから

コミュニケーションにズレが生じるのです。


赤ちゃんは、コミュニケーションの技術を使いこなすことを考えたり、もちろんツールを使いこなすこともしません。

けれど、全員が目標を達成していきます。

お腹が減った、眠たい、遊びたいなどの目標を。

しかも、大抵のことは自分でまだできないわけですから、意図が伝わるまで頑張ります。

そこに、格好悪いからとか、自分の立場があるからとか…という感覚は一切ありません。

ここに、コミュニケーションの重要なヒントがあるのです。

一言でいうのであれば、

自分の枠を一旦外す!

たったこれだけのことです。

ところが、これが結構難しいわけです。頭では分かっているのに、なぜかできない。

では、人はいつまでも変わることができないのでしょうか。

そんなことはありません!誰もが大きく変わる瞬間があるのです。

世の中で偉業を成し遂げた方々は、必ずこう言います。


あの時、あの人と出会えたから…

あの人との出会いで大きく変わった…


とは言っても、誰もが忙しい毎日を送っています。次々と様々な人と会い、深い話をしていく時間なんてとることができません。

ですから、毎月、私たちは水戸黄門経営実践会と題して、誰もが対話を楽しむ交流会を行っています。

毎月すぐに満席となってしまったり、スクジュールの都合で参加できないけれど学びたいという声もたくさん寄せられます。

そこで、コミュニケーション、特に「対話」について、これまで私が学んできたことを一つの物語にしました。

Amazon・Kindleでも発売されていますが、このメールセミナーにご登録していただいた方には、無料でプレゼントさせていただきます。

表紙・本文中の挿絵は、海外在住の中学生が描いてくれました。そこにも私の深い願いが込められているのです。

物語だからこそ分かるコミュニケーション・対話の本質を思い切り楽しんでください。







メールセミナーのご購読前に個人情報保護方針を必ずご確認の上
同意する場合のみご購読ください。


 


たいわの力の感想は?


 


その上でメールセミナーをお読みください。


どんなに素晴らしい方法に出会っても、たくさんの知識を入れても大きな変化は期待できません。

同じ自動車でも、バンバン成約をとる営業マンもいれば、そうではない営業マンがいます。

もちろん、学びの姿勢・知識量・技術も関係ありますが、原点は「心」です。

日頃、いろんな人が使う「ありがとう」という言葉にもそれぞれ重みが異なることを人は感じることができるのです。

たいわの力をお読みいただいた上で、あなたの枠をガラッと捨ててメールセミナーを楽しんでいただくことをおすすめします。

 

セミナーは次のような内容で、登録の翌日から9回にわたって毎朝お送りします。

1か条
「社員が10人を超えるまでは会社は社長1人で回る」

2か条
「社長が現場からフェードアウトするといきなり品質劣化が起こる」

3か条
「社長がこれだけやっているのに・・・
と思っても関係性は構築できない」

4か条
「業界トップセールスでもコミュニケーション能力が高いとは限らない」

5か条
「信頼関係(ラポール)は関係が近いほど難しい」

6か条
「期待より信頼をベースに関係性の構築を目指す」

7か条
「信頼関係の判断軸の一つは『どれだけ待てるか』」

8か条
「若い社員の能力を引き出す『教える』と『任せる』の中間方法」

9か条
「あなたにとっての『助さん』『格さん』はいますか」

通常有料のセミナーや個別の面談でしかお話ししない内容も含んだ毎朝3分で読み切ることのできるメールセミナーです。
今すぐ以下のフォームよりご登録ください。







メールセミナーのご購読前に個人情報保護方針を必ずご確認の上
同意する場合のみご購読ください。


 

 

人はいつからでもチャレンジできる


これまで、たくさんの方々と共に仕事をしてきました。

私も含め、共に一緒に仕事をしてきた方々は、それぞれ大きな『志』をもっていました。

けれど、そこに向かう道のりは険しく、挫折してしまいそうになることも多々あります。

事業を行うということは、こうした険しい道が長く続くのです。

厳しい状況に置かれた時には、自分に自信なんかもてるわけもなく、つい統計的なデーターや人の意見に左右されてしまいます。

この業界の時代はもう終わった…

独立しても数年で9割以上の人が消えていく…

確かにそれは事実なのかも知れません。

けれど、厳しい業界であっても、何年経っても業績を伸ばし続けている会社もたくさんあるのもまた事実です。

そうした会社は何をしているのか…?

新しいアイディアを出して、試して失敗をしているのです。そして、いずれ失敗が成功に変わるのです。

 

正直、書籍にすることはとても勇気がいりました。

私自身が行ってきた失敗もふんだんに書いています。

メールセミナーも同様です。

失敗があったからこそ、気づいたことがたくさんあるのです。

 

けれど、そんなことを形すると恐怖も訪れてくるのです。

バカにされないだろうか…。

これによって仕事が減ってしまうのではないだろうか…。

 

世の中には、上手く言った事例はたくさんありますが、なかなかその背景にある失敗を見ることはできません。

ところが、本当は失敗から学ぶことの方が、意味が深いのではないでしょうか。

そんな事を一人でも多くの人が実感し始めたら社会はどう変化するでしょうか。

 

社会的地位、年齢、経験などの壁を超えて、心から話し会える風潮ができるはずです。

そんな事を願いながら、私は新たな挑戦をしたのです。

誰か…たった一人でも、「行動する勇気がもてた」「対話する楽しさがわかった」という声を楽しみにして。

 







メールセミナーのご購読前に個人情報保護方針を必ずご確認の上
同意する場合のみご購読ください。