水戸黄門経営実践会 ~会議をうまく進めるコツが見つかる~

今回もたくさんの方にご参加いただきありがとうございました!
水戸黄門経営実践会は、ただの経営者の集まりではなく、業種も役職、年齢や性別も越えて様々な立場の人が集まり、あるひとつの「経営課題テーマ」について対話を行っていきます。

水戸黄門経営実践会の簡単な流れをご紹介

水戸黄門経営実践会では、1テーブル5~6名ほどに分かれて着席します。
その日初めて会う方も多く、最初は皆さん緊張されている場合も多いですが、テーブルには、「ファシリテーター」が対話の進行役として1名つきます。


ファシリテーター:成瀬浩之


ファシリテーター:松井美歩


ファシリテーター:町野文孝

ファシリテーターは何をする人でしょうか?

ファシリテーターとは簡単に言えば、良い対話ができるように導く進行役のことで、この水戸黄門経営実践会を円滑に進めるためには欠かせない存在です。

ファシリテーターの進行の元、テーブルごとに自己紹介を交えながら、最初の「検討テーマ」について、どんなことを感じたか?などをひとり一人発言を促してくれます。

時には、様々な考えを持った人がいるため、意見が合わなかったり話が進まないこともあります。意見を言いにくかったり、周りに合わせた意見しか出てこなかったりすると対話も広がりません。

そんな時は、参加者が自由に意見を出しやすくなるよう、ファシリテーターが参加者の意見を選択・整理しながら働きかけてくれます。

 

今回の水戸黄門経営実践会の「検討テーマ」は?

「地方の中小企業が大学生に入社したいと思われるためにはどうすればいいのでしょうか?」

あなただったら、
都会の大企業?それとも、地方の中小企業?を選びますか。

選ぶ基準は何でしょうか。
ブランド、安定、給料面でしょうか?
自分がやりたい仕事、やりがいでしょうか?

このように、テーブルごとに白熱した対話が繰り広げられ、様々な意見が出てきます。

 

ファシリテーターが最後のまとめを発表


ファシリテーター:中村匠悟

最後に、ファシリテーターがテーブル内の意見を取りまとめ、発表をしていきます。
この振り返りがとても大事なのです。

この最後のファシリテーターの発表を聞くと「さらにこんな切り口の考え方があるのか!」と気づかされます。
年齢も立場も違う参加者たちの意見を引き出し、さらには取りまとめるファシリテーターの力量には感服します。

 

もし、あなたの属する組織で

「会議進行がうまくいかない」
「同じ人が意見を言ってしまう」
「意見がまとまらない」

などのお悩みがあれば、一度、水戸黄門経営実践会に参加してください。
ファシリテーターの場の雰囲気づくりや意見の引き出しかたなど、会議進行の参考になるかと思います。

 

水戸黄門経営実践会に参加してみていかがでしたか?

水戸黄門経営実践会のメリットは、
「自分では思いつかない考え方、多様な視点に出会える」ということだと思います。

参加された方にご感想をいただきました。一部ご紹介いたします。

 

実は、ファシリテーターへの感想もとても多いのです!

まとめ

ざっくりですが、水戸黄門経営の流れをご紹介しました。
水戸黄門経営実践会には、頼れるファシリテーターがいます。
「また次も参加します!」というリピーターが多いのは、ファシリテーターの取りまとめが素晴らしいからだと確信しております。
初参加の方も気負わず、ご参加いただけたら嬉しいです。

次回の第14回水戸黄門経営実践会は、
11月21日(水)18:30~20:30

来月も皆さまと対話できることを楽しみにしております。

中小企業の社長1000人が読んでいるメールセミナー!

中小企業の社長1000人が読んでいるメールセミナー!