お客様の声

 

自分の気持ちや想いを言語化して整理する!
そんな手伝いをしてもらっています。

船橋株式会社

代表取締役 舟橋昭彦

会社が大きな転換点にある今、社員や外部に自分のビジョンや想いを伝えることは、社長としてとても大切な仕事です。

ところが、実際にはなかなか自分の思いが伝わらずやきもきしていました。

そんな時にインターテック町野さんが提供する【水戸黄門経営 対話パック】に申し込みました。

そこで、思い切り創業理念や個人的な想いまでいろいろな事を語りました。

タイプがあるのでしょうが、自分は話を聞いてもらうことで、アイデアがわいてきますし、考えを整理することができました。

【対話】をすることで、自分の考えがまとまり、「そうか、ここがうまく言語化できずに社員に伝わらなかったのだな」といろいろな気づきをもらっています。

効果として、一番うれしいのは社員との関係性に変化が出てきたことです。

自分のみならず、社員にも研修とあわせて個別で【対話】をしてもらっています。

社長としての自分の変化と社員の変化の相乗効果で、社員とのコミュニケーションの質も変わり始め、【対話】ができる組織に進化しつつあります。

まさに社外「社長室長」「人事部長」の役割を担ってもらっています!

 

 

幹部として社内外の周りとの関係性の築き方!
そこに気づかせてもらっています。

船橋株式会社

開発室室長 森貴司

会社として社長や自分を含めてのみんなのビジョン実現に向けて活動しています。

初めて町野さんと【水戸黄門経営 対話パック】の幹部個人セッションをしたときに、まず「会社」や「部門」「個人」としてのビジョンを一緒につくりました。

自分が当事者として取り組んだ感覚を強く感じた瞬間でした。

それまでは社長の「意」を組み、それを実現することが自分の使命と捉えていただけに、そこに自分やみんなの想いも加えるという事に新鮮な驚きがありました。

ビジョンが明確になり、初めて具体的な活動(商品開発会議)も展開でき、その効果も出てきています。

後、新入社員として、直属部下の配属が決まっていましたので、その対応も研修を通じて丁寧にイメージをしました。

おかげで、スムーズな組織運営ができています。

【水戸黄門経営 対話パック】のメリットはただの研修・セッションではなく、実践サポートをハンズオンしてくれることにあると思っています。

平たくいうと社長や部下との関係性が上手くいかないとき、アドバイス以上のフォローも何度もしてもらいました。

まさに一緒に汗を流してくれる経営サポーターの役割を担ってもらっています!

 

 

全社プロジェクト(BCP)の進め方!
そこにかかわってもらっています。

船橋株式会社

営業部課長 荻野卓也

部門間をまたいだ全社プロジェクトを進めています。

営業として船橋株式会社を引っ張ってきた自負はありましたが、会社の成長に伴い、BCPプロジェクトという部門間をまたぐ全社プロジェクトを指揮することになりました。

いままで営業一筋できたため、BCPという専門性の高いプロジェクト運営を任されて少し戸惑っており、進捗も芳しくありませんでした。

そんな状況を【水戸黄門経営 対話パック】の幹部個人セッションをしたときに、町野さんに相談したところ、「一緒にやりましょう!」とサポート役を快く引き受けてくださいました。

現状把握から方針立案それに伴うマニュアルや手引書の策定まで実務に踏み込んだアドバイスをそれこそ丁寧に親身にしていただきました。

お蔭で参加者全員の理解が進み、「船橋」ならではのBCPができつつあると喜んでいます。

まさにわかりにくいものをわかりやすく教えてくれる専門職の役割を担ってもらっています!

 

 

新規プロジェクト運営サポート!
マーケティングから組織運営まで学んでいます。

船橋株式会社

営業部 中村朱那

船橋株式会社の将来を見据えたビッグプロジェクトを会社から任されました。

まだ入社して3年目でチーム運営や予算組み、外部折衝やサービスコンセプト固め、正直何から手を付けていいのかわからない状況でした。

会社から言われ「やってみたい気持ち」と「やれるのかというプレッシャー」がありました。

その時にインターテック町野さんがサポートしてくださると社長から伝えられ、それこそ本当に一から相談して進めていきました。

サービスやコンセプト固めや組織運営など長時間の会議も一緒に考えてくださいました。

自分達と町野さんとのキャリアに差がありすぎるため、ともすれば頼りすぎるところもありましたが、そのたびに「このプロジェクトの主体者は皆さんです!」と温かくも厳しく面倒を見ていただきました。

まだプロジェクトはスタートしたばかりなのですが、良いスタートを切れたと思っています。

まさに実践「OJT」で業務遂行を通じて関わる教育機関としての役割を担ってもらっています!

 

 

新入社員としての「あり方」
そこを引き出してもらっています。

船橋株式会社

開発部 大谷真奈美

2018年4月に船橋株式会社に新卒入社をしました。

社長のビジョンへの熱意にひかれ入社を決めました。

新人でも大きな仕事を任されるのでとてもやりがいがあり、楽しく業務に取り組んでいます。

そんな船橋にふさわしい新人研修と【水戸黄門経営 対話パック】による新入社員個人セッションを通じてフォローしていただいています。

入社3か月でも一人前タスクを要求されるため、他社に入社している学生時代の友人に話しても共感してもらえず、ちょっとしたジレンマがありました。

けれど、そういったところもきめ細かくフォローしていただけるので、孤立感はなく、自分のキャリアを考えたり、船橋の社員として、社会人としての「あり方」を確立すべくお手伝いをしていただいています。

まさに・・自分の可能性を引き出してくれるビジネスコーチ・・の役割を担ってもらっています!

 

 

 

重要な経営上の意思決定を行う経営会議の運営…
その手伝いをしてもらっています。

株式会社三恵

代表取締役 川合康文/専務取締役 川合敦士

兄弟で会社を経営しています。兄弟仲は良いと自認しています。

営業・総務を「社長」の管掌とし、製造・技術を「専務」が担当するという体制で海外を含む3工場体制で自動車部品製造会社を経営しております。

兄弟という「身内が故の信頼感」と「身内が故の難しさ」からもう一段上のレベルの意見交換を行いたいと思い、「経営会議」を開催することにしました。

その時に知人の社長から紹介を受け、インターテック町野さんが提供する【水戸黄門経営 対話パック】に出合い、申し込みました。

月に一度経営会議を行っており、その会議のファシリテーターを町野さんにお願いしています。

アジェンダを決めて会議を行うのですが、近しい血縁故か、ついつい感情的な議論になってしまうこともあります。

そんな時に町野さんがうまくファシリテートをしてくれるおかげで、「一息」入れる事ができたり、「視座転換」を促されてりして、結論までたどりつくことができています。

経営会議の前後で個人セッションも行ってもらいます。

一か月の自分の活動の振り返りや懸案事項の整理や解決方針の立案などに向き合います。

経営者としてとても貴重な時間です。

まさに「経営者のペースメーカー」の役割を担ってもらっています!

 

 

経営上の不安や不明点を一緒に解く!
そんな手伝いをしてもらっています。

株式会社エム・オー・シー

代表取締役 三宅久雄

会社を兄から引き継いだとき、技術一筋に取り組んできた自信と社長業に取り組む不安とが入り混じった状態の時にインターテック町野さんが提供する【水戸黄門経営 対話パック】に申し込みました。

まずは、自身が考える自分と会社の「強み」とこれからの「不安」など様々な事を語りました。

私は技術的な打ち合わせは好むところですが、ビジョンを語ったり経営計画を作成したりといったことは未知数でした。

しかし町野さんと【対話】をすることで、財務的なものの見方・計画策定の着手の仕方といったところを丁寧に説明され、「なるほど、そのように見て、組んでいくのか」と組織運営や経営についていろいろな気づきをもらっています。

一番大きな効果は経営上の不安点が【対話】することで解消することです。

一か月に一度の【対話セッション】は本当に楽しみです。

まず経営者として取り組んだのは、理念を制定したこと。

言葉上の理念ではありません。

もっと自分自身の内側が震えるような感覚の理念です。

これにより、かなり強固な会社の背骨ができました。

自社の事のみならず、協力会社との関係性の強化支援まで本当に自分の手の届かないところ まで親身にフォローしてもらっています。

まさに「経営者のメンター」の役割を担ってもらっています!